menu
TOP

そのシミも乾燥も、敏感なのも・・・ 気になるあのトラブル、冷えが原因かも。

「手足が冷たくて眠れない」、なんて声をよく季節になりましたね。毎年冬になると多くの女性が悩まされる冷え。“冷えは万病の元”と言われるように、腰痛や肩こり、便秘などを招く冷えが、体に悪いことはご存知の通り。でも、それだけではありません。冷えは、女性が気になる様々なトラブルにも影響を及ぼしているのです。

pixta_8893848_S

老化を加速させる、“冷え顔”にご用心

手や足に比べて、顔の冷えは、多くの方はあまり意識しないのではないでしょうか?手は手袋、足は靴下、体は暖かいセーターに包まれていても、顔だけはいつも無防備。常に外気にさらされているので、空気が冷たい冬にはどうしても冷えやすい状態です。

例えば、触れると頬が冷たかったり顔色が青白いのは、顔が冷えている、つまり“冷え顔”のサイン。危険が迫っています!

顔も基本的には体と同じ。冷えると血管がギュッと縮み、血流が悪くなり、代謝が下がる。それによってさらに血流が悪くなる、という悪循環。すると十分に栄養が行き渡らなくなり、待ち受けているのは、

・血行が悪くなり、代謝が低下して、たるみ・しわになりやすく、

・ターンオーバーが低下して、くすみ・乾燥して・ゴワつき・ニキビ・シミができやすくなり

・余計な水分のたまって、むくみも発生。

つまり肌の老化が進むのです。

さらに最近の研究では、冷えと肌は敏感に傾くことがわかったそうです。

肌のバリア機能の大切な働きを担う温度センサータンパク質が、冷えると十分に働かなくなるそうなのです。そうしてバリア機能が低下すると、刺激を受けやすくなり、肌荒れしやすく、老化しやすくなるのだそう。

冷え顔を防ぐには、外から中から対策を

とにかく冷えは、百害あって一利なし! 冷え顔も肌にとってはダメージ大!

それはわかっても、体みたいに服を着せる訳に行かないのが顔の悲しいところ。

冷やさないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

①マスク

物理的に冷たい空気に触れさせないようにするのはもちろんですが、もう一つの効果も。鼻の奥には、脳の温度のセンサーのような場所があって、その部分が冷たい空気に触れると、とても寒く感じるのだそう。つまり鼻から冷たい空気を直接吸うと、冷えを感じやすいということ。それを防ぐためにもマスクが活躍するのです。

寒い季節は、外出する時や寝る時にマスクを忘れずに。

②ストールやマフラー、タートルネック

首を温めると体感温度が高くなります。さらに、首は頭と体をつなぐ大切な部分で、リンパや血液がたくさん流れている場所。そこが冷えると血流が悪くなり、顔を冷やす原因にも。首はちゃんとガードして、冷やさないよう心掛けてください。

③スキンケアにひと工夫

寒い季節は、化粧水や乳液などが冷たくて、つける瞬間ヒヤッとしませんか?それを防ぐために、スキンケアは顔につける前に、手のひらの熱で人肌ぐらいまで温めてからつけるようにしましょう。

さらに、「冷えてるな」、と感じたらマッサージや指圧、タッピングを取り入れるのもおすすめです。絶対摩擦を起こさないよう、たっぷりとクリームをつけた後、指の腹でなぞる程度でOK。極軽いタッチでパタパタとタッピングしたり、ツボを指圧するのもめぐりが高まります。

④生活リズムを改善する

意外かもしれませんが、実は冷えの原因は寒いことだけではありません。冷えると眠れないというのはよく聞く話ですが、逆に、睡眠不足が冷えの原因になっていることもあるのです、睡眠不足の状態が続くと体が休息できずに交感神経優位の状態が続くので、血管が収縮して血行が悪くなるそうです。ストレスも同じ結果をもたらすので、睡眠不足やストレスには要注意です。

漢方では、肌のトラブルを根本解決は冷え退治から、といわれるそうです。

今すぐ冷え顔対策して、冬の肌老化をストップさせてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい