menu
TOP

におい、パサつき、静電気etc. 問題山積みな冬のパサパサヘアの直し方

毛先がパサつく。ツヤがなくてバサバサ。いかにもコンディションの悪そうな髪は、一目で老け印象・手抜き印象を与えてしまいます。寒さと乾燥が激しいこの季節は、肌と同じように髪や頭皮もダメージも受けがち。ほっておくとダメージがダメージを呼んで、どうにもまとまらないゴワゴワの髪になってしまうかも。早めの対策でつややかな髪を取り戻しましょう。

 Hispanic Woman with Messy Hair

ダメージがダメージを呼ぶ乾燥スパイラル

髪と頭皮をいじめる冬の悪者は、ずばり乾燥と寒さ。特にダイレクトにダメージのもとになる乾燥は髪はもちろん、頭皮にとっても大問題。肌と同じように、乾燥した空気に潤いを奪われて、頭皮も乾燥しがちです。頭皮がベタついているわけではないのに、頭がムズムズかゆかったり、ひどい時にはフケっぽい粉のようなものが出てくる時は頭皮の乾燥が原因かもしれません。もちろん髪は髪で、傷んだ毛先から潤いがどんどん奪われてパサつきがひどくなったり、細くなったり切れたり、無傷ではいられません。

と、乾燥だけでもかなりのダメージなのに、そこに寒さが加わるのが冬のつらいところ。頭皮が冷えて血行不良になると、髪に十分栄養を送ることができないので、髪はますます細くなっていってしまいます。

さらに深刻なのは静電気。これも乾燥が原因で起こるものですが、ただ髪がぼわ~んと広がったり、顔にピタッとまとわりついているだけではないのです。髪が静電気を帯びると、髪表面のキューティクルが広がって剥がれやすくなります。キューティクルとは、髪内部の水分やタンパク質などの潤いを逃がさないように、髪の表面をうろこ状にびっしりならんでいる細胞の層。そのキューティクルが広がるということは、髪内部の潤いがどんどん逃げていくということ。ますます髪は乾燥するばかりです。

もう一つ、気になるのが頭のにおい。汗をたくさんかく夏けではなく、意外と冬もにおいが発生しやすいもの。これも乾燥が関係しているのですが、頭皮が乾燥すると、それをカバーしようと頭皮の皮脂分泌が活発化することがあります。でも頭皮が冷えていたり、空気が寒いと皮脂はドロリと固まりやすく、毛穴に溜まりがち。そこに、静電気で髪に引き付けられたホコリがくっついたりすると雑菌が増えたり、皮脂が酸化して臭いが発生するのです。

ヘアケア+小さな注意で髪をガード

そんな冬のヘアケアは、1にも2にも保湿が大切。

シャンプーは潤いを流し過ぎないように、脱脂力・洗浄力が低めのものを選んで、摩擦を起こさないよう優しく洗うのが基本。潤いがどんどん逃げるので、コンディショナーだけでなく、トリートメントで髪内部に栄養補給することも大切です。できれば頭皮も保湿できるものが理想的。熱いお湯も潤いを奪うので、すすぎの温度はぬるめにしてくださいね。

お風呂上りや、頭皮の乾燥を感じたら、頭皮に化粧水をつけるのもおすすめです。ついでに毛先にもなじませれば、パサつきも少し落ち着くはず。

また、乾燥+摩擦で静電気が起きるので、冬はなるべく髪を摩擦させないように細かな注意を。

例えば、マフラーやストールを外す時、シュッと引き抜くと、その瞬間にバチバチ静電気が起こる確率はかなりのもの。マフラーは引き抜くのではなく、ゆっくり外す。長い髪は束ねる。など、小さな積み重ねがダメー字を減らすことにつながります。

さらに、ブラッシングは細心の注意が必要です。かわいたままブラシを雑に通すと、静電気を起こすだけでなくもつれたり、最悪の場合は切れることも度々。まずは髪の滑りをよくするスプレーや、乾燥を押さえるミストを髪につけてから。一気に頭皮の方からとかすのではなく、長い髪の場合は、毛先→中央→根本と3段階ぐらいに分けてブラッシングしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい