menu
TOP

足がパンパン!ブーツが入らない!つらい冬のむくみを退治する。

うっかり靴を脱いでいたら、いつの間にか靴やブーツが入らなくなるほど足がパンパンにむくんだという経験はありませんか?むくみは一年中起こるものですが、寒さで冷えやすい冬は特に深刻。気づかない間にじわじわ蓄積していて、一度根付くと解消しにくい冬のむくみ。どっしりとむくんでしまう前に、手軽に簡単にこまめな対策を心がけるのが有効です。

 pixta_12203742_S

硬くてガンコな冬のむくみ

むくみの正体は水分。細胞へ届ける栄養分や水分などが動脈の隙間から浸み出し、逆に細胞から出た老廃物や余分な水分が静脈の隙間から吸収される。本来この循環がバランスよく行われるところが、浸み出す方が多く、吸収が少ないと、余分な水分がたまってむくみとなります。

夏は体温調節のために汗をかくので、血管からどんどん水分が染み出します。順調に汗をかいていれば問題はないのですが、涼しい部屋に入ったりして、汗をかかなくなると、汗として出るはずだった水分がたまってしまう。これが夏に多いむくみです。

一方冬のむくみは、寒さによる血行不良が大きな原因。寒さで体が冷えて血管が縮むと同時に、筋肉の動きもスムースでなくなっています。血管から染み出る水分は、汗をかく夏ほど少ないものの、血流が悪いので吸収される水分もさらに少なくなり、少しずつむくみが蓄積されてしまいます。そのため、こうして起こるむくみは冷たく硬く、夏よりガンコでつらい“冬のむくみ”になるのです。

むくみには先手必勝。今すぐ手軽な対策を

そんなつらい状態になってしまう前に、早めに対策を打ちたいところ。

血流を高めるために、運動と温めることが目標です。

  • 今すぐ始めるべきは、その場でできる足の運動。デスクの下でこっそり靴を脱いで、足の指をギューッと縮めてグーにしたり、思いっきり広げてチョキやパーにしたり。足首をグイッと上げたり、逆にグーッと伸ばしたり。グルグル回すのも◎。
  • もう少し場所があるなら、スクワット運動もおすすめ。下半身全体の筋肉を動かすことができます。ウォーキングももちろん有効です。
  • 物理的にむくませないようにするなら、着圧ソックスや弾性ストッキングが効きます。ただし、長時間履きっぱなしだと逆に血流が悪くなることもあるのでご注意を。
  • お家では、しっかりお風呂で温まることが必須。お湯につかりながらむくみが気になる部分をほぐしたり、ストレッチするとさらに効果大。

冬のライフスタイルにも要因はいっぱい。

  • 冬においしいこってり濃い味付けの食事に含まれる大量の塩分に要注意。血液中の塩分濃度を薄めるために、水分をたくさん取り入れこもうとするので、むくみが起こりやすくなります。
  • 体を温めるためにと飲んでいる温かなドリンクにもむくみの危険が潜んでいます。ココアや番茶などならよいのですが、コーヒーや緑茶などは控えめに。カフェインの利尿作用で脱水に傾きやすく、身体はそれを防ごうと水分を貯えやすくなったり、水分代謝に必要なカリウムが尿と一緒に排出されてしまうことで、むくみやすくなってしまいます。

つらさを感じてから始めるより、むくみは早めの対策が正解。少しの注意で防ぐこともできるので、できることから始めてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい