menu
TOP

日増しに目立つ「目の下のふくらみ」その原因とは?

若い時にはほとんど見られなかったのが目元の衰え。シワやたるみ、目の下のふくらみが目立ち始めると、これ以上ひどくならないように、自分でマッサージしたりエステに通ったり、値段の張る高機能化粧品を使ったりと努力をしている人もいるかもしれませんね。
私たちを悩ませる「目の下のふくらみ」について、その原因を探ります。

日増しに目立つ_目の下のふくらみ_その原因とは_459910009

加齢による筋力低下が一番の原因

加齢とともに顔の筋力も低下するため、頭皮や顔全体の筋肉が皮膚を支えきれなくなり、目の下にたるみが出てきます。 また、加齢によってコラーゲンが減少するため、目の下の皮膚のハリや弾力が低下することも、たるみの原因になります。

元々薄い目の周りの皮膚が加齢とともにさらに薄くなると、その中で弾力を保つ支持組織が緩んでしまいます。その結果加齢で細胞が浮腫状となってふくらんでくるので、目の下がたるんでくるのです。

人間は20代後半から筋肉が衰えてきますので、体全体も少しずつたるんできます。ひじやひざの皮膚がたるんでいるのを見て、「年取ったなあ」とがっかりしたことがある人も多いのでは? こうした加齢による体全体の筋肉のたるみに対し、目の下がふくらむ目元のたるみは、筋肉のたるみの他にも様々な原因があります。

体質や頬骨のゆがみが原因となることも

目の周りには脂肪がありますが、体脂肪のつきかたが人によって違うのと同様、目の周りの脂肪量も体質によって違います。加齢によって眼球を支えるじん帯や眼輪筋(がんりんきん)と顔全体の表情筋が衰えると眼球が下がり、目の周りの脂肪が眼球の重さによって圧迫されてしまいます。この脂肪が多いほど脂肪が突出してしまい、目の下のふくらみが目立ってしまいます。

また、ほとんどの人は骨にゆがみがあると言われています。歳とともに体の骨がズレてくるのですが、この影響で顔や頭の形も少しずつ変形していきます。顔の骨が内側にズレることが顔のしわや目の下のたるみの原因となってしまうこともあります。この場合は、頬骨のゆがみを治さないとたるみの悩みは解消できません。

 

目の下のふくらみや顔のたるみの原因がわかれば、その悩みを解消する近道も見つかりますね。まばたきの回数を増やすなど、表情を豊かにすると顔の筋力アップに効果がありそうです。また、顔の脂肪を増やさないように食事に気をつけたり、頬骨のゆがみを治療すれば、たるんでしまった顔が引き締まるきっかけになるかもしれません。これらの対策を続ければ、目元のたるみだけでなく、明るく健康的な生活につながりそうです。毎日少しずつでも実践して行きたいですね。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい