menu
TOP

顔のどこから洗ってる?洗顔の正しい順番でスキンケア効果を高めるコツ

洗顔は、スキンケアの基本。肌に必要なうるおいは守りながらも、汚れや余分な皮脂をきちんと落とすのが、美肌をキープする最大のポイントでもあります。しかし、毎日きちんと洗顔をしているのに、毛穴の詰まりが気になる、または、保湿しているのに乾燥がなかなか改善しない、という悩みを抱えることもありますよね。

そんな時は、洗顔の順番を見直してみるのが近道かもしれません。顔のどの部分から洗うのかも、肌の状態に大きく関わってくるのです。普段、意識することが少ない洗顔の順番を、ここでしっかりおさらいして、スキンケア効果を高めましょう!

02-02_177785959

乾燥やニキビの原因は、洗顔の順番にあった?

洗顔をする一番の目的は「メイクや皮脂の汚れを落とすこと」です。肌に残ったままのメイクや余分な皮脂が、ニキビや肌荒れの原因となってしまうことは、もうご存知ですよね。そのため、洗顔料を使用して汚れをきちんと落とす必要があります。

しかし、顔全体に洗顔料を乗せて一気に洗ってしまうと、Tゾーンに余分な皮脂が残ったり、小鼻の脇などのメイク汚れが落ちなかったりしてしまいます。また、皮膚が薄くて刺激を受けやすい部分に負担が大きくかかり、乾燥を招いてしまう可能性もあるのです。そのため、顔のどの部分に汚れや皮脂が多いのかを考えて、部位ごとに洗顔料を乗せて洗うという手順が重要になってきます。

皮脂の多い部分から洗うのが洗顔の基本!

顔の中で一番皮脂分泌が盛んなのは、鼻やおでこ、つまりTゾーンです。逆に、皮脂分泌が少なくて皮膚も薄いのは、目の周りや口の周り。それをふまえて、洗顔する時は以下のような順番を意識してみましょう。

1.まずは鼻の周りとおでこを洗う

洗顔料の泡は、鼻の周りやおでこといったTゾーンからつけていきましょう。ただし、皮脂分泌が多いとはいえ、事前にクレンジングしていれば、ゴシゴシとこする必要はありません。泡を動かすような感じで、やさしく洗うようにしましょう。

2.頬から口の周りにかけて洗う

Tゾーンを洗ったら、次は頬に泡を乗せて洗います。頬から口の周り、フェイスラインに泡を広げて洗いましょう。

3.最後に目の周りを洗う

皮膚が薄く乾燥しやすい目の周りは、最後に洗います。もちろん、アイメイクは専用リムーバーなどで洗顔前にしっかり落としておきましょう。目の周りをやさしく洗ったら、ぬるま湯で念入りにすすぎます。

洗顔の順番を意識するだけで肌が変わる!

洗顔が上手にできるようになれば、汚れや不要な皮脂の除去、乾燥の予防ができるため、肌そのものの調子がよくなっていくのを実感できるでしょう。そして、洗顔後のスキンケアアイテムの効果も高まります。美肌の基本である洗顔は、正しい順番を意識して実践してみてくださいね。

参考:

クレンジングと洗顔、洗う順番で肌質改善する方法│美肌マニアの美容情報

洗顔には、理想の順番がある。│スキンケアの30の基本│HappyLifeStyle

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい