menu
TOP

40代の化粧品選びは品質重視!年齢にあった理想のセラミドとは?

肌トラブルの少ない20代から一転、30代はたるみやシミ、シワなど初期のエイジングサインに悩み始め……そして40代。「鏡を見るのが怖い」なんて声もチラホラ。けれど、大切なのは今の肌と向き合うことです。肌が年齢によって変化するように、化粧品の選び方も変えていく必要があるのではないでしょうか。

40代の化粧品選びでポイントとなるのが、内容成分。そして、この年代で気にしたい成分が、保湿成分の王様と言われている「セラミド」です。セラミドと一言でいってもその種類はさまざま。ここでは、40代女性にとって理想的なセラミドをご紹介します。

02-10_153803493

成分表示から自分にあった化粧品を選ぼう

化粧品はピンキリですが、ブランドのネームバリューや価格は、必ずしも効果に比例するものではありません。大切なのは、肌が必要とする成分がいかに入っているかです。40代は肌の悩みが増える時期。成分知識を身につけて、肌が本当に求めているものを選びましょう。

特に気をつけたいのが保湿です。一般的に年齢を重ねるごとに皮膚のセラミド量は減少していきます。なんと、50代には20代の約半分にまで落ち込むといわれています。肌の乾燥は多くの肌トラブルを引き起こし、シミやシワ、たるみなどの原因となります。50代の肌にうるおいを残せるよう、良質なセラミドが含まれた化粧品を選んでみてはいかがでしょうか。

アラフォー世代に必要なのは「ヒト型セラミド2」!?

さて、積極的に補っていきたいセラミドですが、実はセラミドだけでもその種類はたくさんあります。

ヒトの皮膚に含まれるセラミド

人の皮膚に含まれるセラミドには、「セラミド1」のように語尾に数字がついています。セラミド1〜6(6Ⅱ)まであるうちのなかから、もっとも重要といわれているのが、「セラミド2」です。セラミド2は、人間の肌にもっとも多く含まれており、水分保持機能を持つ成分として知られています。

化粧品に含まれるセラミド

化粧品に配合されているセラミドには、天然セラミド、ヒト型セラミド、植物性セラミド、合成セラミドの4種類があります。このなかで選びたいのが、ヒト型セラミドです。こちらはさきほど説明した人間の皮膚にある成分と同等の構造をしたものであるため、高保湿・高浸透でありながら肌にもやさしい成分と言われています。

これらの結果から、肌悩みの増える40代の肌に必要なのは、もっとも低刺激かつ高い効果が得られる「ヒト型セラミド2」といえるのではないでしょうか。保湿化粧品を選ぶ際は、この成分が配合されているものを選ぶとよいでしょう。

さらに注目すべきは濃度の高さ

ヒト型セラミド2が配合されているものであれば、どれでもよい訳ではありません。大切なのはその濃度です。成分表示に名前が記載されていたとしても、配合量が0.01%以下という商品は少なくありません。特に、ヒト型セラミドは高価な成分であるため、濃度の低いものが多いのが事実です。

気になる成分に関しては、成分名だけでなく配合濃度もしっかりチェックし、少しでも高濃度のものを選びましょう。ヒト型セラミド2がたっぷりと配合されているものを使用すると、肌の水分保持力が高まり、加齢に負けないみずみずしい肌をキープできるかもしれません。

高品質・高濃度のセラミドで年齢に負けない肌へ

40代のスキンケアは、減りゆくセラミドを補うために、保湿を強化する必要があります。高品質・高濃度のセラミドを積極的に補給することで、うるおいを保持し、年齢に負けない肌を保つのを助けてくれます。40代はしっかりと自分にあった化粧品を選び、いつまでも美しい肌をキープしたいですね。

参考:

40代の基礎化粧品の正しい選び方・使い方|スキンケア大学

化粧品に配合されるセラミドの種類|スキンケア大学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

コスメカテゴリの人気TOP5

まだデータがありません。