menu
TOP

美容家推奨!コスパ抜群「精製水ケア」で、美しい肌&美しい髪を手に入れる

「肌ケアに使うものにはこだわりたい!」「コスパも重視したい」そんな方におすすめなのが「精製水」です。肌への浸透がいいと言われていて、幅広い用途で使えるにもかかわらず、とてもお安く購入できる魅力的なアイテムです。今回は、コストパフォーマンス抜群のスキンケア&ヘアケアについてお伝えします。

04-03_479970401

どんな水? どこで買えるの?

精製水とは、コンタクトレンズや医療用具の洗浄などに使われる、不純物を除去した水のことです。ドラッグストアのコンタクトレンズ用品コーナーに置いてあることが多く、500mlタイプが100円以下でよく販売されています。清潔な水であるため、もちろん肌にも安心して使用できます。

ただし、保存料が入っていないため、一度開封すると傷みやすくなります。未開封の状態であれば2〜3年もつといわれていますが、開封後は容器内に細菌が侵入するため、冷蔵庫に入れて1週間〜10日以内に使い切りましょう。

節約スキンケアから手作り化粧水まで楽しめる

精製水は、多くの美容家が独自のケアに取り入れています。もっともベーシックなスキンケアは、洗顔後の何もつけていない状態の肌に、まず精製水をつけることです。水道水に含まれる塩素を中和して肌へのダメージをおさえたり、後につける化粧水の浸透をよくしたりする効果が期待されます。

低コストでローションパックを実現

また、ローションパックで使用する方も多いようです。ローションパックでは、一度に大量の化粧水を使用するため、どうしてもコストパフォーマンスが気になりがち。そこで、まずコットンに精製水を染み込ませて軽くしぼってから化粧水を染みこませます。すると、化粧水の使用量を抑えながら、うるおいたっぷりのローションパックを実現できます。

手作り化粧水や日中の保湿にも便利

そのほかにも、さまざまな使い方がたくさんあります。グリセリンや精油などお好みの材料と混ぜあわせ、手作り化粧水をつくるときにも便利です。また、お手持ちの化粧水と精製水をスプレーボトルに1:1の割合で混ぜあわせ、日中用の保湿スプレーとして使う方法もあります。ただし、品質劣化を防ぐために、このスプレーは1日で使い切るのがいいでしょう。

寝ぐせ直し、頭皮ケアまで!

500mlもの精製水をスキンケアだけで1週間で使い切るのはなかなか大変です。そこでおすすめは、ヘアケアでの使用です。朝の寝ぐせ直しや頭皮ケアにまで活用できます。

朝と夜のスプレーでサラサラヘアに!?

朝と夜のヘアケアに使ってみましょう。このケアによって、寝ぐせがつきにくくなり、さらに寝ぐせがついた場合もとれやすくなることが期待できます。使い方は以下の通り。

  1. 洗髪後、タオルドライした後の髪に、精製水をスプレーで吹きかけてなじませます。
  2. 髪に洗い流さないトリートメントをつけてから、ドライヤーの冷風で乾かします
  3. 翌朝、髪にスプレーを吹きかけ、ドライヤーの冷風で乾かします。

洗髪後の頭皮ケアに

シャワー後は、頭皮にカルキがついているため、洗髪後の頭皮ケアに使用するのもおすすめです。髪をタオルドライした後、精製水を手に取り、頭皮をマッサージしながら揉み込んでいくとよいでしょう。

コストパフォーマンスも効果も大満足のケアを満喫しよう

精製水は肌にも髪にもうれしい効果が満載です。1週間で使い切るためにも、さまざまなケアで取り入れてはいかがでしょうか。賢く利用することで、美容にかかるコストをグンと抑えられるため、ぜひお試しくださいね。

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい