menu
TOP

敏感肌さんはこう選ぶ!肌にやさしい日焼け止めの見極め方

日差しがじわじわと強さを増してくるこの季節、紫外線対策に本腰を入れ始める人も増えてきますね。しかし、少しの刺激で肌が荒れてしまうこともある敏感肌さんにとっては、日焼け止めを選びは悩ましいもの。肌に負担をかけない日焼け止め選びに、毎年苦労している人も多いのではないでしょうか?

そんな敏感肌さんのために、ここでは、本当に肌にやさしい日焼け止めを選ぶポイントをご紹介します。紫外線、そして不必要な刺激から大切な肌を守るために、ぜひお役立てくださいね。

04-05_153776290

ここに注目! 肌に刺激を与えやすい成分は?

日焼け止めを選ぶ時にだれもが注目するのが、SPFやPAといった数値です。しかし、敏感肌さんはそれ以外の成分にもぜひ注目してみましょう。肌にとって刺激になりやすいとされている成分は、次のようなものがあります。

紫外線吸収剤

紫外線をブロックする成分には、大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。紫外線吸収剤は、その名の通り紫外線を吸収し、熱や赤外線に変化させることによって、紫外線が肌の奥に届くのを防ぐもの。紫外線散乱剤は、肌の表面で紫外線を跳ね返すものです。紫外線吸収剤は、紫外線をブロックする力が優れていますが、肌にとっては刺激が大きく、かゆみやかぶれを引き起こすことがあります。

乳化剤

乳化剤は、界面活性剤とも呼ばれ、水と油を混ぜ合わせるために必要な成分です。しかし、一方で皮膚のバリアを壊し、刺激を与える原因に。また、乳化剤によって余分な成分まで肌に浸透したり、乳化剤そのものが日光によって酸化したりと、肌に負担をかけてしまうことも少なくありません。

シリコン系成分

撥水性を高めるシリコン系の成分は、洗浄力の高いクレンジング剤を使わないと落ちません。また、肌バリアとして機能する皮脂膜の生成を妨いでしまうと言われているため、敏感肌さんにとっては避けたい成分です。

本当に肌にやさしい日焼け止めを選びましょう!

こうした成分は、健康な肌の方が使う場合は問題がなくても、少しの刺激で肌が荒れてしまう敏感肌の方が使うと、とたんに肌トラブルの原因となってしまうことがあります。敏感肌さんは、紫外線吸収剤、乳化剤、シリコン系成分を避けて日焼け止めを選ぶといいのではないでしょうか。

トゥヴェールの「マイルドUVミルク」は、これらの3つの成分が配合されていません。保湿成分もタップリなので、肌のうるおいを逃さずに紫外線をブロックすることが期待できます。

また、同じくトゥヴェールの「ミネラルサンスクリーン」は、メイクの仕上げやファンデーション代わりとしても使えるパウダーです。こちらの商品に含まれている紫外線散乱剤である酸化チタンは、肌への侵入を防ぐためにナノ粒子ではないものを使用しています。しかも、ミネラルと美容成分でコーティングしているため、肌への刺激を軽減してくれます。メイクの上から塗り直しができるのも、嬉しいポイントです。

毎日使うものだからこそ安心できる日焼け止めを!

紫外線は、晴れの日も曇りの日も、降り注いでいます。だからこそ、毎日使う日焼け止めは、肌にやさしく、安心して使用できるものにこだわって選びたいですね。日焼け止め選びに悩む敏感肌さんも、成分をよく確認して、肌にとって刺激の少ないものを見つけてみましょう。

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい