menu
TOP

歯のエイジングケアでしわを撃退?口もとのしわの意外な原因と対策

口の周りにできる小さなしわやほうれい線には、さまざまな原因があります。主たる原因は、乾燥や表情筋の衰えから起きるというのが一般的ですが、実は意外なものもしわを引き起こしている可能性があると言われています。

その意外なものとは、歯茎の衰えや歯周病。口の中の健康と口もとのしわには、深い関係があるようです。ここでは、歯や歯茎のエイジングケアで歯周病を予防し、しわ予防になる方法をお伝えします。

04-08_470062603

歯茎が下がるとしわが増える?

最近、歯が長くなった、伸びたと感じることはありませんか? それは、年齢や歯周病によって、歯茎がだんだんと下がってきた証拠です。健康な歯茎は、歯を支える土台となり、それをもとに口の周囲の骨格も維持されています。

歯茎がやせて垂れ下がると、歯槽骨とつながっている頬の筋肉もだんだんと下に引っ張られてたるみ始め、口もとにしわやほうれい線を作ってしまう可能性があります。スキンケアを頑張っているのに、なぜか口もとにしわができてしまう……、そんな方は、もしかすると歯茎に原因があるのかもしれません!

美しい口もとのために、歯もケアを

歯茎は、10年間で約2ミリも下がってしまうと言われています。そして、歯周病は日本人のおよそ80%がかかっているとも言われるもの。歯茎が下がることによってできる口もとのしわを予防するためには、歯や口の中まで、しっかりケアをする必要があるのです。歯茎を健康に保ち、美しい口もとを守るために、次のようなことに気をつけてみましょう。

丁寧な歯磨きとマッサージ

歯周病は、口の中の細菌によって歯肉が炎症を起こすことで発生します。食後と寝る前は必ず歯磨きをして、細菌の温床となる歯垢を取り除きましょう。また、血行をよくして歯茎のはたらきを活性化するために、指で歯茎を優しくマッサージするのもいいでしょう。

小さくやわらかいヘッドの歯ブラシを使う

毛が硬すぎる歯ブラシの使用や、間違った方法での歯磨きは歯茎を傷つけ、歯茎の衰えや歯周病を進行させます。歯ブラシは、やわらかく、小さなヘッドのものを選んで、力を入れずに磨くようにしましょう。

定期的な検診を受けましょう

歯石がたまると、そこに細菌が繁殖して歯周病を発生・進行させる可能性があります。定期的に歯医者さんを訪れ、歯石を取ってもらうようにしましょう。その時に歯茎の状態も確認してもらうと、より安心ですね。

カルシウムやビタミンCを摂取する

歯槽骨の健康を守るために必要なのは、カルシウムやビタミンC、ミネラル、コラーゲンといった栄養素。歯と歯茎のケアにも役立ちますので、ぜひ積極的に摂取しましょう。

美しい口もとのために、歯と歯茎もエイジングケア

美しい口もとは、スキンケアだけでなく、歯と歯茎のエイジングケアによって守られます。しわができる可能性を少しでも下げるためにも、ぜひお口の中のエイジングケアも始めましょう。

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい