menu
TOP

いざ本格的な紫外線対策開始!春のUVケア選びのポイントは?

紫外線対策は、春から本格的に。もはやこれは常識ですが、ただ強力なものを使えば正解という訳ではありません。春には春の肌事情があるので、それに合わせたUVケアアイテムを選ぶことが必要です。

 Abstract sunny summer bokeh background with green leaves

肌事情1 一年中で最も無防備

シミの原因、メラニンは肌の防御機能の一つ。色が黒いほど紫外線を肌に通しにくく、白いほど紫外線ダメージを受けやすいと言えます。ややこしい話ですが、その肌色は紫外線ダメージによって変化していて、秋は夏の強烈な紫外線ダメージで肌色が暗くなり、冬の間にじっくりリセットして、春に明るく戻るというサイクル。つまり、春は一年中で一番肌色が明るく(白く)なり、一番紫外線ダメージを受けやすいという事実。今すぐ本格的な紫外線対策が必須です。

肌事情2 花粉、黄砂、乾燥、紫外線で不安定

「くしゃみ・鼻水・目のかゆみ」が花粉症トラブルの代表的な症状でしたが、最近はそこに肌荒れ・炎症・かゆみを引き起こす「花粉症皮膚炎」も追加されることが増えてきました。その肌トラブルは花粉だけが原因ではなく黄砂が関係することも多いと言われていますが、いずれにせよ肌が乾燥していると、刺激物質はいっそう肌に侵入しやすく悪化傾向に。また、急激に強くなる紫外線ダメージによって肌は過敏になる時期でもあったりして、とにかく春の肌は不安定で敏感に傾きやすいもの。紫外線対策は、優しさ重視で選ぶことが必要なのです。

肌事情3 春悪化しやすいニキビ

もう一つ、優しさ重視で選ぶべき理由がニキビ。ニキビに悩む人にとって春は要注意な季節。日ごとに、または朝晩で激しく気温が変わる寒暖差や、新生活などのストレスによって、ニキビに悩まされる春。できるだけニキビに負担をかけたり、悪化させないように、紫外線対策は軽いタイプを選びたいもの。シリコンや合成ポリマーなどが肌にピタッとはりつくようなウォータープルーフタイプは避けたいですね。すぐにサラサラに変わるようなタイプに多く使われているアルコールにも要注意ですよ。

IMG_0247

そんな肌事情を考えた上で、おすすめしたいのが『トゥヴェール マイルドUVミルク』
“赤ちゃんにも使える”というこの日焼け止めは、活性剤も紫外線吸収剤もシリコン系成分も不使用。肌に優しいのがウリです。

特に注目すべきは活性剤を使っていないということ。ただでさえバリア機能が落ちやすい春の肌に活性剤を使うと、どんどん刺激物質が肌に侵入しやすくなるから、マイルドUVミルクは合成はもちろん、オーガニックコスメなどで使われている天然活性剤すらも不使用。ただのノンケミよりももう一歩進んだ優しさだから、過敏な肌にも安心なんです。
そして、もう一つうれしいポイントが保湿効果が高いこと。UVカット力が強いものは、吸収剤でベタつくか、散乱剤でパサパサになるかのどちらかが多いのですが、どちらでもなくしっかり保湿してくれるのも魅力。重すぎず、サラサラしすぎないので、下地として使うのにちょうどいいしっとり感。ファンデのノリもすごくいいんです。

SPF30・PA++というUVカット力も、高すぎず低すぎず、肌に負担をかけない毎日使いにちょうどいい強さですよね。
つけるとしっかり守られてる感じのある膜ができるので、つけたらスーッと素早くムラなくのばすのが使い方のコツ。しっかりのばすと白浮きもなく、メイクのノリもよくなりますよ。落とす時もクレンジング要らずなのが、さらに肌に優しい感じです。

日ごとに日差しが強くなるこの時期、肌思いの『マイルドUVミルク』で、優しく強く紫外線をカットしてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい