menu
TOP

美しく年齢を重ねるために「DHEA」を増やすエイジングケアとは

エイジングケアにおいて、ホルモンのバランスをととのえることは非常に大切です。女性の場合は、女性ホルモンの分泌をアップさせることが、肌や髪、そして女性らしい体をキープするためのコツでもあります。

Asian beauty face

しかし、エイジングケアにおいて注目すべきなのは、女性ホルモンだけではないようです。ここでは、若返りホルモンとも呼ばれ、全身のエイジングケアに役立つとされる「DHEA」というホルモンについてお伝えします。

エイジングケアのカギを握る「DHEA」のパワー

DHEAは、あまり聞き慣れないホルモンかもしれませんね。このDHEAは、デヒドロエピアンドロステロンという名前の男性ホルモン。女性の体のなかでも、わずかな量の男性ホルモンが分泌されていますが、DHEAもそのひとつです。

DHEAは、男性ホルモンのテストステロン、女性ホルモンのエストロゲンをはじめ、約50種類ものホルモンのもととなるホルモンです。血管や筋肉、骨、肌など、あらゆる部分の若さの維持に役立つといわれ、若返りホルモンとも呼ばれています。

しかし、一般的には20代をピークにその分泌量は減っていきます。女性の場合、40代後半の更年期と呼ばれる時期になると、特に減少しやすくなるといわれています。DHEAが不足すると、免疫力や代謝、筋力が低下したり、肌のハリや若々しさが失われたりすると言われており、エイジングケアにおいてはDHEA量のキープが大切と言えそうです。

年齢とともに減っていくDHEAはこう増やす!

DHEAの分泌量をアップさせることは、肌のハリやツヤを保つために欠かせないエストロゲンの分泌を促すことにもつながります。そこで、年齢とともに減ってしまうDHEAを上手に増やす方法をご紹介しましょう。

食事で気をつけたいポイント

山芋、納豆や豆腐といった大豆製品、青魚、アボカドなど、DHEAの分泌を促す食品を積極的に摂取しましょう。また、DHEAは活性酸素の影響で分泌量が低下してしまうため、タバコやアルコール、脂質の多い食事を控えることも大切です。

適度な有酸素運動を

ジョギングやウォーキング、スクワットなどの有酸素運動はDHEAの分泌量を増やすといわれています。30分程度の運動を1日に2回、週4日以上を目安に行うとよいでしょう。ただし、激しすぎる運動は逆にホルモンバランスを乱してしまうので注意しましょう。

心身の健康を心がけて

体調不良やストレスが溜まった状態になると、DHEAが消費されやすくなります。年々減ってしまうDHEAの量を少しでもキープできるように、生活習慣などに気をつけて心身の状態を常にととのえておきましょう。

若返りホルモンで体のなかからエイジングケア

人間の体は、常にホルモンの影響を受けています。肌や髪など、全身の若々しさをキープするためのエイジングケアでは、多くのホルモンを生み出す源であり、若返りホルモンとも呼ばれるDHEAを増やすことに注目し、体のなかから若々しくあるよう心がけましょう。

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい