menu
TOP

コスメケースをカスタマイズ!使いやすいコスメスペースをつくる方法

「化粧品の収納に便利そう!」と思ってコスメケースを用意したものの、使い勝手に困った経験はありませんか? 市販のものは一見使いやすそうでいて、手持ちの化粧品を入れてみると入りきらなかったり、ごちゃごちゃしてしまったりすることも。

コスメの収納にお悩みであれば、コスメスペースをお好みの形にカスタマイズしてはいかがでしょうか? 用途や入れるものにあわせて工夫を凝らすことで、収納空間を使いやすい形に変身させることができます。

Big makeup case

ケース派?それとも引き出し派?

コスメの収納方法は、メイクをする場所によっても変わるでしょう。特定の場所が決まっていない、また収納家具がない場合は、コスメケースに化粧品を入れて持ち運びをする方も多いのでは?

一方、洗顔後、洗面所でそのままメイクをする場合は、洗面台まわりの引き出しをコスメスペースとして使うと便利ですよね。お部屋のドレッサーでメイクをする方も、引き出しにコスメを収納していることが多いでしょう。

いずれにせよ、コスメを収納するにあたってそれぞれのスペースにあわせて片付けやすく、使いやすい形にカスタマイズすることがおすすめ。メイク時間を短縮できます。

ケース内に仕切りをつくろう

コスメケースの使い方で失敗しやすいのが、買った状態のまま化粧品を詰め込むパターンです。この使い方では、口紅やマスカラ、アイブロウなどの小さなコスメが底のほうに埋もれてしまいます。また、直接詰め込むことにより内部が汚れてしまうかもしれません。

コスメケース内にプラスチックの小さな箱やカップなどを入れ、そこにコスメを収納すると取り出しやすくなり、ケース本体への汚れの付着も防ぐことができます。また、見やすく使いやすい収納を実現するためには、カテゴリーごとに収納するとよいでしょう。ブラシやチップなどの道具類、口紅やマスカラなどのメイクアップコスメ、ファンデーションや化粧下地などのベース類といったように、アイテムごとに分類するとわかりやすいですね。

引き出し派はトレーが便利

洗面台やドレッサーの引き出しは浅いものが多く、箱やカップはなかなか入らないかもしれません。引き出しの場合は、文房具やカトラリー用のトレーを使用すると引き出し全体に仕切りができ、コスメを収納しやすくなります。トレーは100円ショップでも取り扱われているので、お手頃価格で購入することができます。

深さのある引き出しには、化粧品や乳液など背の高いものを収納するとよいでしょう。アクリルケースなどで仕切りをつけると、より便利になります。よく使うアイテムは手前のほうに置き、スペシャルケア用のアイテムなどは奥のほうに入れるといった工夫をすると、さらに使い勝手がよくなるでしょう。

整理しやすい空間づくりでメイクを快適に

コスメケースや引き出しなどを使いやすいようにカスタマイズすることで、メイクをするたびに自然と整理ができます。また、コスメスペースを整理しやすい空間に整えると、探しもののために時間を割くことがなくなり、朝の時間にゆとりをもつこともできるでしょう。コスメスペースを使いやすくカスタマイズして、快適なメイクを実現してみませんか?

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい