menu
TOP

美容成分たっぷり!「米ぬか風呂」で全身しっとり美肌へ

これからの季節は肌の露出がどんどん増えていきますが、ボディケアは万全ですか? ノースリーブやショートパンツ、ミニスカートなどでせっかく肌を見せても、コンディションが悪ければ魅力は半減してしまいます。接近戦でもがっかりさせない全身美肌をつくるためには、お風呂でのケアが効果的です。

Rice baldo in wooden spoon

そこでおすすめなのが、米ぬか風呂! お米がもつたっぷりの美容成分を全身で感じてみませんか?

こんなにスゴイ!米ぬかの美容成分

お米は私たち日本人にとって身近な食品ですが、実は美容成分の宝庫でもあります。なんと普段食べている白米よりも、白米を精米する際に発生する米ぬかに栄養素がたっぷりと含まれているのだとか。

米ぬかには、さまざまな美肌効果をもつビタミンB群や、「若返りのビタミン」といわれる抗酸化作用に優れたビタミンEが豊富に含まれています。さらに、皮膚の主成分であり、皮膚のバリア機能を高めるアミノ酸、皮膚の弾力を保つ鉄分、肌の抵抗力をアップさせるカルシウムなども含まれているため、実にさまざまな効果が期待できます。

米ぬか風呂でしっとり透明感のある肌に

たっぷりの美肌成分をもつ米ぬかは、食べてもよし、塗ってもよしのありがたい食品。米ぬか風呂なら、手軽に全身でそのパワーを感じることができますよ。

米ぬかをお風呂に入れる際は、ぬか袋かお茶用の紙パックが便利です。ぬか袋(お茶パック)にぬかを詰めたものを2つ用意し、浴槽に入れましょう。そして、それを揉みほぐすと米ぬかがお湯に溶け出します。

米ぬかにはオリザブランという成分が含まれていて、高い保湿効果が期待できます。お風呂上がりの肌はとってもしっとり! さらに、血行促進効果により新陳代謝が上がることも期待でき、健やかな肌へと近づけるでしょう。

ぬか袋で体をこすればさらに効果的

また、米ぬかがもつ美容効果をよりしっかりと得たい方は、石けんの代わりにぬか袋を使用してみては? 浴槽に入れるぬか袋とは別に、もうひとつぬか袋を用意しておき、それを使って体をこすります。すると、肌のくすみがとれてより透明感のある肌へ導いてくれます。

残り湯の使用はNG! 肌を守るための注意点

米ぬか風呂で使用する米ぬかは、無農薬のものを選びましょう。米ぬかは米の外皮部分になるため、残留農薬が最も多く含まれています。肌に使用するものなので、信頼できるものを選びましょう。

また、米ぬか風呂は肌への効果には優れていますが、そのお湯を何度も使用することはできません。残り湯はニオイが強くなるため、入浴後はすぐにお湯を抜き、洗濯や掃除に使用するのは避けましょう。また、ぬか袋の再利用もできないので、毎回新しいものをつくる必要があります。

米ぬかパワーで手軽に全身美容をはじめよう

米ぬかにはさまざまな美容成分が含まれているため、米ぬか風呂にしてその成分を全身に取り込むとよいでしょう。簡単に用意できるうえ、浸かるだけでも高い美容効果が期待できるため、効率的なのもうれしいですね。きれいな肌を手に入れて、これからの季節のファッションをお楽しみください。

参考:

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい