menu
TOP

背中ニキビはシャンプーが原因かも!?シャンプー選びは“肌にやさしいもの”が正解

背中ニキビは自分ではなかなか見えにくいところにできるため、気がつきにくいかもしれません。しかし、露出の高い服や水着を着たときなどに目立ってしまうので、早めのケアで悪化を防ぎたいものですよね。まずは背中ニキビができる原因を知り、そのうえで対策をとりましょう。

young woman washing hair. rear view

シャンプーのすすぎ残しはありませんか?

背中ニキビができる原因として考えられるのが、シャンプーのすすぎ残しです。シャワーや入浴で体が温まることによって毛穴が開きますが、このときにシャンプーやリンスをすすいだお湯が背中にかかると、液剤が毛穴に詰まってしまうことがあります。

特に、体を洗ったあとにリンスを洗い流す方は要注意! 既に体を洗い終えているため、肌をすすぐ意識も薄れやすくなります。頭皮や髪についた液剤だけでなく、肌についたものもしっかりと洗い流すよう注意しましょう。

刺激の強い成分がニキビを招くことも

次に気をつけたいのが、シャンプーの成分です。泡立ちがよく頭皮の皮脂をすっきりと取り除くシャンプーは、洗い心地に満足できても、実は髪にはダメージを与えやすいのが難点。これは肌も同様で、洗浄力に優れたシャンプーは、それだけ皮脂を落とす力にも長けています。皮脂は肌のうるおいに必要不可欠。シャンプーをすすぐ際に背中の皮脂まで洗い流してしまうと、皮膚が乾燥しやすくなります。すると、乾燥した皮膚に油分を与えるために皮脂が大量に分泌され、これがニキビの原因となるのです。

肌にやさしい「アミノ酸シャンプー」がおすすめ

シャンプーの刺激や乾燥から肌を守るためには、成分を意識したシャンプー選びをしたいところ。背中ニキビが気になるなら「アミノ酸シャンプー」など、髪にやさしいシャンプーがおすすめです。肌への刺激も低いため、背中の乾燥が防げます。さらに、毛穴に詰まりやすいシリコンや添加物が含まれていないものを選べば、よりいっそう効果が高まるでしょう。

頭皮と髪のことだけを考えてシャンプーを選びがちですが、頭皮も顔も背中も一枚の皮膚でつながっています。シャンプーに含まれる成分を意識して肌へどのような負担があるのかということも重視して選ぶことが大切です。

ビタミンCのオイルでアフターケアを

既にできている背中ニキビには、ビタミンCを使ったケアがおすすめです。お風呂上がりにビタミンCのオイルをボディジェルやボディクリームに混ぜ合わせ、気になる部分に塗布しましょう。さらなるニキビの発生や乾燥を防ぐ効果が期待できます。

すすぎ方と成分選びにこだわってニキビを予防

背中ニキビを防ぐためには、配合成分から気を配り、低刺激のシャンプー・リンス剤を選ぶことが大切です。アミノ酸シャンプーやノンシリコン、無添加のものを使用して洗髪をし、すすぎ時は背中まできれいに洗い流す習慣をつけましょう。肌の露出が増える夏に備え、シャンプーをする際は髪や頭皮をいたわるだけでなく、背中のケアも意識して、ニキビのないきれいなバックスタイルを目指しましょう!

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい