menu
TOP

ダイエットの強い味方! 満腹ホルモン「レプチン」を賢く使おう

薄着の季節が近づくと気になるのが、体のラインです。夏に向けて、本格的なダイエットを始めている方も少なくないでしょう。しかし、ダイエットの大敵でもある食欲との戦いは、簡単なものではありませんよね。

06-03-09500010038

ダイエットを制するには、食欲を制することが大切! ここでは、食欲を上手にコントロールするためにぜひ知っておきたい、満腹ホルモン「レプチン」についてお伝えしましょう。

満腹サインを送る大切なホルモン

私たちの食欲は、ホルモンによって左右されています。そのなかのひとつ「レプチン」は、食欲を抑える働きがあり、食べ過ぎを防ぐために欠かせないダイエットの強い味方です。

食事をすると血糖値が高まり、それによって刺激を受けた脂肪細胞からレプチンが分泌されます。レプチンは、血流にのって脳の視床下部にあるレプチン受容体へ届き、満腹中枢を刺激することで食欲を抑えるのです。

しかし、体脂肪が多ければ多いほど、レプチン受容体の反応が鈍くなることが知られています。たとえレプチンがたくさん分泌され、さかんに満腹のサインが送られても、それを受け取るレプチン受容体が反応しなければ食欲を抑えることはできません。そうなると、満腹なのにさらに食べ続けて肥満が加速し、ますますレプチン受容体が反応しにくくなる、という悪循環になることもあるのです。

レプチンを増やし、しっかり受け取るためのポイント

食欲を上手にコントロールするためには、次のようなポイントに気をつけてみましょう。

よく噛んで食べる

食べ物をよく噛んで食べると、満腹感を得やすいことはご存じですよね。これは、たくさん噛むことによって、レプチンの血中濃度がアップするため。早食いは避け、食べ物をじっくり噛んで味わうようにしましょう。

睡眠時間をキープする

睡眠時間が短いとレプチンの分泌量が減少し、反対に食欲を増進させるホルモンが増加するという研究結果が出ています。ホルモンを味方につけるためには、睡眠をしっかりとりましょう。

亜鉛を摂取する

亜鉛は、レプチンを作るために必要な栄養素です。亜鉛を多く含む牡蠣(かき)、チーズ、レバー、ゴマなどを積極的に食べましょう。

停滞期を乗り越える

体脂肪が減少しても、レプチン受容体の感度が戻るまでには時間がかかります。ダイエットをしていると、体重は減ったものの、なかなか食欲がダウンしないというつらい時期がありますが、それはレプチン受容体の感度が戻りきっていないため。この時期を乗り越えさえすれば、レプチン受容体が正常な働きを取り戻し、自然に食欲が抑えられるようになるため、リバウンドを防げるといわれています。

ダイエットの大敵・食欲を上手にコントロール!

「食べたい!」という気持ちを、強い意志で我慢するのは難しいことです。しかし、レプチンの分泌を味方につければ、ダイエット大敵である食欲を抑制できるかもしれませんね。上記のポイントを参考に、無理のないダイエットの成功を目指しましょう!

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

その他カテゴリの人気TOP5

まだデータがありません。