menu
TOP

大人可愛いはカラーがポイント!「ピンク使い」で艶めくアイメイク

30代を過ぎると可愛いだけでも、大人っぽいだけでもつまらない、と思えてくるもの。曖昧で中途半端に思えるこの年齢だからこそ楽しめるメイク、それが大人可愛いメイクです。事実、可愛らしさのなかに大人の知性や色気が漂う「大人可愛い」を目指す女性が増えています。失敗しない大人可愛いメイクは、ピンクの使い方がポイント。アイメイクにふんわりとしたピンクと、深みのある目元を印象づけるブラウンを掛け合わせれば、やさしげでちょっぴりセクシーな大人可愛い目元の完成です。

10239000392

今回は、腫れぼったくならないためのピンクの選び方や使い方を交えながら、大人可愛い女性へと導くアイメイクをご提案します。

上品メイクが大人の可愛らしさの決め手

可愛らしさを意識しても、派手なメイクになっては大人の女性に適したメイクとはいえません。知的さ、品のよさは大切な要素。そのため、色選びは慎重に行いましょう。

ピンクとひと口にいっても、パステル系からビビッド系まで幅広い色味があります。大人可愛いを叶えるためのピンクは、淡いスモーキーカラーを選びたいところ。くすんだ色味はまぶたとなじみやすいので色浮きしにくく、大人っぽい雰囲気を出すこともできます。

そして、もうひとつのポイントとなるのが質感です。これは、抜け感を出すことができるシアーな質感がおすすめ。地味になりがちなスモーキーカラーに華やかさがプラスされ、まぶたを軽やかに見せてくれます。

可憐さ、上品さの両方から選んでも、やはり大人の女性には、シアーなスモーキーピンクがおすすめNO.1といえるでしょう。温かみとほんのりとした色気のある目元に、締め色として薄めのブラウンを使用して仕上げてみてはいかがでしょうか?

腫れぼったくならないピンクの使い方

ピンクアイシャドウを塗る前のベースがコツ

色味や質感をきれいに出すためには、アイシャドウを塗る前のベースづくりが大切です。アイシャドウベースとピンクアイシャドウの塗り方をご紹介します。

  1. アイシャドウベースを指に取り、アイホールに放射線状に置く
  2. ベースを指でやさしくなじませるように伸ばす
  3. ピンクアイシャドウを指に取り、アイホール全体に薄く、ムラにならないように塗る

指で塗ることで付けすぎを防ぐことができます。発色が物足りない場合は、重ねづけをするとよいでしょう。

まぶたに深みを与えるブラウンで締める

目力を重視したい方は、締め色はブラックやグレーなどがイメージに合った仕上がりになるでしょう。しかし、可愛らしさを優先したい場合は、ブラウンがおすすめ。温かみのあるブラウンを目元に置くことで、まぶたに立体感とやさしげな印象を与え、落ち着いたイメージに仕上がります。ピンクのふんわり感を生かすために、ブラウンは薄めの色味を選びましょう。アイシャドウだけでは物足りない方は、アイラインをプラスしてもOKです。今回は、アイラインも加えた方法をご紹介します。

  1. ピンクアイシャドウを塗り終えたあと、ペンシルタイプのアイライナーで、目頭から目尻にかけてまぶたのキワに細めにアイラインを引く
  2. ブラウンアイシャドウをチップに取り、1で引いたアイラインをぼかしながら二重幅に塗っていく
  3. 下まぶたの目尻から1/3までアイライナーでアイラインを引く
  4. ブラウンのアイシャドウをチップに取り、アイラインをぼかすように細く塗り重ねる
  5. シアーベージュのアイシャドウをチップに取り、下まぶたの目頭から2/3までアイラインを引くように塗る
  6. 上下のまつ毛にロングタイプのマスカラを薄めに塗る

淡めのカラーで統一することで、可愛らしさがアップします。ふんわり感を損なわないためにも、マスカラを濃く塗りすぎないように注意しましょう。

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい