menu
TOP

崩れないメイクに必要なのは肌づくり!春夏に実践したい朝のスキンケア

汗や皮脂によるメイクの崩れが気になる季節になってきました。朝、家を出るときのしっかりメイクも、時間が経つにつれてテカリやヨレが出て散々な状態になると、気分は一気に憂鬱に……。そんなメイクの崩れを防ぐためには、どんなことに気をつければよいのでしょうか?

06-08-10158000753

メイク崩れには、そのときの肌のコンディションが大きく影響しています。特に気温が高くなる春から夏にかけては、普段のスキンケアを見直してみましょう!

メイク崩れの原因は皮脂

メイク崩れの大きな原因は、時間が経つとともに皮脂とファンデーションが混じってしまうことにあります。つまり過剰な皮脂の分泌をコントロールできなければ、いくら高価なファンデーションや下地を使っても、メイク崩れを根本から予防することはできません。

春夏も乾燥による余分な皮脂を分泌させないスキンケアを徹底し、崩れないメイクのベースをつくりましょう。

春夏の肌をコントロールするスキンケアのポイント

日中、汗ばむくらいの陽気になると、汗や皮脂が気になります。そのため、乾燥対策を重視したスキンケアから、皮脂を抑えるスキンケアに力を入れがち。しかし、皮脂の取りすぎや保湿の軽視は、かえって皮脂分泌を促してしまいます。皮脂は、肌を保護するために分泌されているもの。いいかえれば、皮脂を抑えようとするならば、素肌の状態をコントロールして、適切な量の皮脂が分泌される状態を維持するケアが大切なのです。

春夏だからこそ気をつけたい朝のスキンケアのポイントをあげてみましょう。

朝の洗顔は水かぬるま湯で

皮脂が気になるからといって洗顔料でゴシゴシ洗っては、肌に必要な皮脂まで奪い去って肌を乾燥させてしまいます。その結果、ますます皮脂分泌を促すことになりかねません。朝の洗顔は、刺激の強い洗顔料を避け、水、またはぬるま湯で汚れを落とすようにしてみましょう。

毛穴の汚れやベタつきが気になる場合には、小鼻やおでこなど、皮脂分泌が多い部分にだけ洗顔料を使うとよいかもしれませんね。

ベタつかないのにうるおいキープのセラミドを活用!

肌が乾燥すると、肌を守るために皮脂が多く分泌されます。特に、肌の内部が乾燥しているために皮脂分泌が過剰になるインナードライ肌の場合、保湿をおろそかにすると、ますます皮脂が分泌されやすくなります。春夏だからといって、保湿を軽視するのは禁物です!

そこでオススメしたいのが、肌の角質層で水分を強力に保持する働きを持つセラミド。朝は、保湿力に優れながらも、サラッとした仕上がりが期待できるセラミド配合の化粧品をスキンケアに取り入れましょう。肌のキメが整い、メイクのノリがよくなるともに、インナードライによる皮脂の過剰な分泌も予防できます。

春夏の肌も乾燥を防ぐケアでメイクに差をつける

メイク崩れといってもさまざまな原因がありますが、多くの場合、皮脂とファンデーションが混じることによるものだといえます。つまり皮脂分泌をコントロールして、メイクを長持ちさせることが大切です。

春夏の肌は汗をかくので水分不足を意識しにくいですが、強い紫外線にさらされているので、冬よりも水分は蒸発しています。まずは乾燥予防のケアを充実させ、保湿を心がけることが第一歩。そして、適切な皮脂分泌になるようコントロールしましょう。今日から実践してみてください。

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい