menu
TOP

化粧のりが悪い!とお悩みの方へ。肌の乾燥が原因かも?

肌の調子はそこまで悪くないはずなのに、ファンデーションが上手く塗れない、朝に化粧をしても昼には崩れが気になってくる……こんな調子だと毎日の仕事やせっかくのお出掛けも気分が台無しに。 化粧のりを良くするためには、原因と対策、化粧品の正しい選び方をしっかりと知っておくことが大切です。

08-03_10161001153_R

見落としがちな乾燥が原因かも!?

こうした化粧のりが悪い原因はさまざま考えられますが、そのひとつが“肌の乾燥”です。 冬場は念入りに保湿をしていても、暖かくなってくるとおろそかにしがち。しかし、夏も紫外線やエアコンの影響、汗をよくかくことが原因となり、お肌は乾燥状態にあることが多いのです。こうした見えない乾燥に気付くことが改善の第一歩です。今回は乾燥対策に視点をおいたケアを考えてみましょう。 乾燥肌の改善策として一番にあげられるのが、毎日のスキンケア。ですが、とにかく化粧水をたっぷりとつけて、乳液やクリームで仕上げておけば良いというわけではありません。乾燥肌の原因や化粧品の特徴をしっかり把握して、正しいスキンケアを行いましょう。

化粧品を選ぶ前に知っておきたいこと

保湿を考えたときに思わず手に取るのは“保湿成分配合”と書かれた化粧品ではないでしょうか? じつは、こうした化粧品にも、成分が角質層を超えられるものと、そうでないものがあるというのはご存知でしたか?

化粧品を選ぶ前に、皮膚の働きと化粧品の役目を確認しておきましょう。

まず、皮膚のもっとも外側を覆う角質層は細菌や紫外線、化学物質から体を守るはたらきがあります。具体的には、角質層は基本的に水溶性物質を通さず、低分子の脂溶性物質のみを通すという特徴があります。これは、体内から水分が過剰に流れ出てしまうことを防ぎ、体外から、水に溶け込む有害物質が侵入するのを防ぐためです。この特徴があるため、肌の角質層より奥にまで届いて効果を発揮して欲しい場合は、脂溶性の成分が使われている化粧品を選ぶ必要があるのです。

次に、化粧水などの化粧品によく使われている保湿成分の特徴と使用の目的をみてみましょう。

まず、コラーゲンやヒアルロン酸は、分子の大きな成分であるため、肌の奥にまで浸透することはほとんどありません。そのため、角質層になじませ、皮膚の外側で保湿し乾燥を防ぐことが目的になります。次にNMF(天然保湿因子)は角質層に多く含まれる成分であるため、角質層には取りこまれやすい成分だといえます。この成分は角質層での保湿を目的とします。最後は美容液などに配合されるセラミドです。セラミドは脂溶性の成分であるため、角質層のバリアをぬけ、肌の中にまで届きやすい成分です。この成分には肌内部での保湿を期待できます。

正しく使い分けて美肌に

以上の基本的なことを頭に入れたところで、美肌を維持するためのポイントを考えてみましょう。

美肌に欠かせない保湿ケア。でも、化粧水や保湿クリームをなんでも塗ればよい、というものではないことはわかりました。つまり、自分の肌のコンディションを知り、それに合ったスキンケア方法を選ぶこと、そして、それぞれの化粧品の特徴や目的に合わせた使い分けが大切なのです。

乾燥を防ぐために保湿ケアを充実させたいのなら、角質層をやわらかくすることが大切。化粧水をつける前にスチームやホットタオルで角質層をやわらかくすることで化粧水や保湿成分が浸透しやすい肌環境を作りましょう。その後に角質層あるいは表皮に潤いを与えるための化粧品を使います。

例えば、美容成分の溶け込んだ水ともいえる化粧水は肌の奥にまでは届きません。ですが、たっぷりと化粧水を使って、皮膚の表面を潤し、乳液などで化粧水ごとパックするように皮膚を覆っておくと、化粧水が長く皮膚に留まり、乾燥を防いでくれる働きをします。

化粧のりが悪いとついファンデーションを重ねて化粧直しをしがちですが、角質層やその内にある表皮や真皮の構造やはたらき、化粧品に含まれる成分の特性を知ったうえで、効率のよいケアを心掛けましょう。

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい