menu
TOP

年齢肌にお悩みのあなたに!加齢によるトラブルの原因を探る

肌にさまざまなトラブルが起こるようになったら、それは加齢によるものかもしれません。進行を防ぐには、悩みの原因を探り、年齢にあったケアを行うことが大切です。今回は、年齢肌に多い悩みを取り上げ、それぞれの原因をお伝えするとともに、おすすめのケアをご紹介します。

08-08_10367005472_R

シミ、シワ・たるみ、毛穴、くすみ 年齢肌の原因とは?

加齢サインともいえるシミ、シワ・たるみ、毛穴の黒ずみ、くすみなどの肌トラブル。まずは、それぞれ原因を把握しましょう。

  • シミ シミの元となるメラニンは、紫外線を浴びることで生成されます。さらに、加齢などにより肌のターンオーバー機能が低下すると、メラニンを排出しにくくなり、シミとなります。
  • シワ・たるみ シワやたるみは、肌を支えるコラーゲンなどが減少し弾力が失われることによってできます。血行不良や細胞への栄養不足、紫外線、ストレスが、コラーゲンを生成しにくくなったり、生成されたコラーゲンが壊れやすくなったりするなどのコラーゲンの減少につながります。
  • 毛穴 血行不良や栄養不足によって乾燥が起こると、皮脂が過剰に分泌されたり、毛穴が開いたままになったりします。そこに古い角質や皮脂がつまることで角栓ができた状態が毛穴のつまりです。そして、角栓が酸化した状態が毛穴の黒ずみです。
  • くすみ 乾燥によって肌のキメが乱れると、光が乱反射を起こし、くすんで見える原因になってしまいます。また、血行が悪い場合には、肌の赤みが薄くなるため、顔色が悪く見えてしまうことも。さらに、肌のターンオーバーの遅れによって角質がはがれずに厚くなると、透明感がなくなることでも、くすみの原因となります。

血行促進、栄養補給で肌を元気に

年齢肌を感じさせる悩みの多くが、肌のターンオーバーの乱れと、血行不良と肌への栄養不足によって引き起こされていることがわかりましたね。気になるトラブルの進行を防ぐためにも、血液の巡りを良くし、栄養を補うことが大切です。

入浴とマッサージで血行促進

温浴効果で全身の血行を促すことができる入浴は、老化予防にも効果的。シャワーで済ませがちな人は、年齢肌対策のためにも入浴の習慣をつけましょう。スキンケアを行うときは、オイルやクリームを塗るだけでなく、塗ったあとにマッサージを合わせて行うことで、さらに血の巡りが良くなるでしょう。血流がアップすることで、栄養を肌へ届けやすくなります。

栄養補給は浸透しやすい化粧品や方法を吟味して

肌の角質層は水溶性の成分や高分子の成分をほとんど通さない性質を持っています。そのため、肌に効率良く栄養を届けるには、角質層を通りやすい油溶性で低分子の成分を含んだ美容液を選ぶことが重要です。ターンオーバーを促進したい場合は、EGFやビタミンC誘導体がおすすめです。効果をより高めたいときは、蒸しタオルやスチームなどで肌を温めてから美容液を塗布するとよいでしょう。パックや美顔器などのスペシャルケアは、肌の調子が悪いときは、状態を悪化させる原因になるため、調子のよいときに行うようにしましょう。

年齢に負けない健康な肌を手に入れよう

さまざまなトラブルが起こる年齢肌ですが、血行を促し、肌の細胞に栄養を送り届けることで、健やかな肌へと近づけます。お風呂やマッサージで血行を良くし、お好みの美容成分が含まれた美容液を効果的に取り入れて、いきいきとした肌を目指しましょう!

 

参考:

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい