menu
TOP

40代は重ねないナチュラルメイクで透明感を出す!

40代になると、いままで以上に肌のトラブルを抱えることが多くなります。そのために、メイクで隠すことばかりを考えがち。しかし、それがかえって肌をくすんだ印象にしていることも。

メイクでカバーすることもひとつの方法ですが、40代の美しさを演出できるヒントは素肌を生かしたシンプルメイクにあります。

09-02_10367004508_R

素肌感を出すためのベースメイク

たるみやシワやくすみが気になり、ついつい厚めに仕上げてしまいがちなベースメイク。いままでよりも薄く仕上げたいなら、スキンケアから丁寧に行うことがポイントです。耳の下をほぐしたり、軽くコットンでパッティングしたりして血流をよくしておくと、顔色もよくなり、メイクをしていてもいきいきとした透明感のある素肌を演出しやすくなります。

そして、肝心のベースメイクは、まず色ムラをなくすために下地を全体に薄く塗りましょう。シワが気になる部分には、なぞるように明るめのコンシーラーを。そしてシミ部分には、化粧筆を使ってコンシーラーをのせ、指でポンポンと叩くようになじませます。その後、ファンデーションを薄く、まんべんなく行き渡るように軽めに塗りましょう。仕上げに、小鼻やほうれい線部分にパウダーをそっとはたいて完成です。

いままで一生懸命塗り込んでいたファンデーションをあえて薄く、そしてシンプルに仕上げることで、素肌感を演出することができます。

完璧メイクを目指さない

40代のメイクアップ法は、“隠すけれど、全部は隠さない”という少し隙のあるメイクが美しさを倍増させるのだとか。メイクで年齢に逆らうというよりは、年齢に素直に従っているメイクのほうが、ナチュラルで魅力的に映りますね。ある程度いろいろなメイクを試してきたであろう40代だからこそ、自分流のメイクの方法や、こだわりがあると思いますが、あえて、シンプルに立ち戻りたいものです。

シンプルに、印象的にアイメイクを仕上げる

シワやたるみが特に気になる目元。隠すためのアイラインやグラデーションをほどこしたアイシャドウは、日常的な場面において40代には不要です! せっかくナチュラルにベースメイクを仕上げたのですから、自然な表情を生かせるナチュラルアイメイクを目指しましょう。

まず、シンプルに仕上げるにはアイシャドウを単色使いします。また、くどくなりがちなアイラインもナチュラル感を演出するために控えましょう。ナチュラルメイクにおすすめのアイシャドウカラーは、目元にツヤ感を与えるベージュや、くすみを消してくれるオレンジです。アイホール全体にやさしく色をのせたあと、まつ毛の際とその少し上の部分をずらしながらブラシやチップで塗ります。そして、まつ毛の際の部分にアイラインを引くように、再びアイシャドウを塗っていきます。単色ですが、グラデーションを意識して仕上げることで、目元がはっきりとした印象に仕上がるでしょう。

“足す(+)”ではなく“引く(−)”ことを考える

年齢とともにメイクも厚く重ねていくのは、逆効果。大人の女性こそ、ナチュラルな雰囲気を重視しましょう。あれもこれもとメイクを「足す」のではなく、余計なものは「引く」ことで、自分に似合った好印象のメイクが完成します。

はじめのうちは、隠すことを考えたメイクを止めることに不安を覚えるかもしれません。でも、いったん「隠す」メイクから離れてみましょう。いまの自分の表情は、それだけで魅力的なもの。しかも、それはメイクではつくることができない、自分自身が培ってきた大人の魅力です。シンプルメイクで引き立たせましょう。

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい