menu
TOP

気になる毛穴の詰まり。その正体と正しいケアとは

ブツブツと白く目立ってしまう毛穴の詰まり。これって何が詰まっているの?

実は、角栓が詰まっているのですが、この角栓を皮脂の固まりだと思っていませんか? 角栓の正体を誤って認識していては、気になる毛穴の詰まりを改善するのは難しいでしょう。そこで今回は、毛穴の詰まりの正体とその正しいケアに迫ります。

09-03_10367004467_R

角栓の正体は「古い角質」

毛穴に詰まっている白い角栓は、その70%が古い角質です。よく勘違いされやすい皮脂は、30%程度なのだとか。つまり、角栓の正体はタンパク質であるため、皮脂を落とすためのケアを行っても期待どおりの効果は得られません。

オイルクレンジングは逆効果になる可能性が

皮脂と思い込んでオイルクレンジングで溶かし出そうとすると、角質層が傷ついてさらに角栓ができやすくなります。また、乾燥肌の人がオイルクレンジングを行うと、より乾燥しやすい状態に。乾燥も不要な角質を生む原因になるため、注意しましょう。

原因はターンオーバーの乱れ

不要な角質が生まれる原因として、ターンオーバーの乱れが考えられます。ターンオーバーが正常であれば、肌は約28日程度で生まれ変わりますが、加齢や生活習慣の影響によって遅れがちに。すると、本来はがれ落ちるはずの角質が皮膚に残ってしまい、それが固まって角栓となるのです。

さらに、ターンオーバーが乱れると、保湿成分の生成もスムーズにいかなくなるため、乾燥や肌のバリア機能の低下を引き起こします。バリア機能が低下することで、紫外線や化学物質、摩擦などさまざまな要因によってダメージを受けやすい肌に。毛穴詰まりの少ない、健康な肌状態を保つためには、まずターンオーバーを正常に戻すケアを取り入れましょう。

ピーリングと正しい洗顔でターンオーバーを促進

角栓が目立つときに取り入れたいのがピーリングです。タンパク質を除去できるピーリング剤や酵素洗顔料を使用し、古い角質を落としましょう。ピーリングは肌に負担がかかるため、肌を強く擦りすぎないように気をつけ、やさしくなでるように行います。肌が敏感なときは避けてください。

ターンオーバーの周期は人によって異なりますが、短くとも28日程度なので、ピーリングは月に1回程度で十分だといわれています。ピーリング後の肌は乾燥しやすくなるため、保湿をしっかりと行いましょう。

洗顔はたっぷりの泡とぬるま湯で

角栓は皮脂ではないので、油性の汚れを落とすための洗顔料では落ちません。タンパク質などを取り除くための石けんや酵素洗顔料をおすすめします。

そして、強く肌を擦りすぎないように、うるおいを保つ正しい方法で洗顔することが大切です。まず、洗顔料はしっかりと泡を立てましょう。その後、できるだけ肌への摩擦を抑えるように、たっぷりの泡を肌の上ですべらせるようにして、小鼻のわきなど細かな部分までやさしく洗います。熱いお湯は乾燥を招くため、ぬるま湯ですすぎ残しのないように洗顔料を落としてください。

皮膚に残っている汚れや角栓を洗顔によって落とすことは、ターンオーバーを促すことにもなります。いつものケアを少し意識することで、気になる毛穴詰まりを解消していきましょう。

正しいケアで毛穴美人に

角栓の正体を理解し、正しいケアを取り入れることで、悩みだった毛穴の詰まりが気にならなくなります。定期的なピーリングと毎日の正しい洗顔で、遅れがちになるターンオーバーを促して、角栓ができにくい肌へと導きましょう!

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい