menu
TOP

気付いたときにできる簡単なリフトアップの方法

メイクをしっかりとしてもなんだかキマらなかったり、ぼやっとした印象になったり……。それは顔のたるみが原因かもしれません。気付いたときに簡単にできるリフトアップ法で、あなたのキレイを底上げしましょう!

09-04_10736001324_R

たるみの原因は?

たるみを解消するには、まずその原因を知っておくことが大切です。

たるみの原因は大きく分けて3つ挙げられます。

  1. 肌弾力の低下(紫外線、睡眠不足、乾燥、加齢によるもの)
  2. 表情筋・深層筋の衰え
  3. 姿勢の悪さ

これらを防ぐためには、規則正しい生活と栄養バランスを考えた食事を心がけ、肌へ栄養が十分に行きわたるようにすることが基本です。そのうえで、紫外線による肌ダメージを軽減し、表情筋、深層筋を鍛えること、背筋を伸ばし正しい姿勢を保つことも忘れずに行いましょう。

ここでは表情筋をはじめとした顔の筋力を鍛え、リフトアップさせる手軽な方法をご紹介しましょう。

日常で簡単にできるリフトアップケアやマッサージ

メイク前や歯磨き中、お風呂の中で簡単にできる方法をご紹介します。習慣にして継続すれば、リフトアップのみならず、美肌にも効果が期待できそうですね。

歯磨き後のブクブクうがい

歯を磨いたあとのブクブクうがいの際は、口に水を含んだ状態で大きく頬を膨らませて動かします。頬のたるみのほか、ほうれい線のケアや顔の凝りをほぐす効果も。朝の歯磨きタイムでさっそく実践すれば、その日の表情も柔らかくなりますよ。

バスタイムを有効利用

湯船につかりながら、口を大きく開けて“あいうえお体操”をしたり、口角を引き上げて10秒間キープしたり、さまざまな表情をつくることも顔の筋トレにつながります。

また、シャンプーの際のセルフヘッドスパもおすすめ。頭のツボを押したり、軽く頭全体を叩いたり、側頭部を手の平の付け根でぐるぐるとマッサージしたりしましょう。側頭部にある側頭筋は頬を支える筋肉につながっているため、リフトアップに非常に効果的です。

寝る前の首のストレッチ

就寝前のリラックスした状態のときには、軽く首のストレッチを行いましょう。その際、首を横に倒し、倒した側の手を顔に回し、ほうれい線を伸ばすように手を当ててストレッチをするのが効果的。首筋のリンパの流れがよくなり、顔全体のリフトアップにつながります。

身近な道具を使って手軽にリフトアップ

美顔器や表情筋エクササイズの道具を使わなくても、身近にあるものを使って手軽に行えるリフトアップもあります。例えば、ペットボトルに水を100ml入れたものを歯を使わずに、唇の力だけでくわえる動作は頬のリフトアップに効果的です。

また、陶器のれんげを使ったリンパマッサージもおすすめ。れんげのすくう部分の背を使って首筋やフェイスライン、頬骨の下あたりを痛気持ちいい力加減でなでるようにマッサージをします。そのほか、ゴルフボールを使ってこめかみや耳の下をコロコロと転がして、筋肉をほぐしながらマッサージをすることもリフトアップに効果的です。

手軽な習慣で小顔美人に

美容器具を購入したり、焦ってエステに通ったりしなくても、身近にあるものやスキマ時間を利用して簡単にリフトアップケアに取り組むことができます。たるみのないすっきりとしたフェイスラインは、小顔美人への近道。毎日の積み重ねで魅力をアップさせましょう。

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい