menu
TOP

汗をかいて毛穴の開きをコントロール!

肌トラブルの中でも大きな悩みのひとつは、毛穴が目立つこと。普段の生活スタイルやお手入れの方法によって毛穴の開きが変わってきます。

毛穴が大きくなったと感じるのは、毛穴が開いた状態のままになっているからです。開きっぱなしの毛穴は汚れがたまり目立ちやすくなり、その汚れがニキビや炎症の原因にもなります。

開いた毛穴がちゃんと閉じる機能を取り戻せば、毛穴が目立ちにくくなります。生まれつきの毛穴の大小より、毛穴の開閉機能が正しく行われることが肝心なのです。

 

汗をかく生活で皮脂分泌を正常に

空調の効いた場所ですごして汗をかくことが少ない生活をしていると、毛穴の開閉機能が鈍くなり皮脂分泌も正常な働きをしにくくなります。汗をかくことで、毛穴の汚れを内側から出すこともでき、毛穴の開閉機能も強化できます。

岩盤浴や運動、ホットヨガなど汗をかく機会を日常生活に取り入れれば、毛穴の開閉機能が正しく行われ、毛穴の開きがコントロールできるようになります。

汗をかいて毛穴の開きをコントロール!_163121596

こんな洗顔方法が毛穴の開きを加速させる!

毛穴を目立たなくさせるためにと、日々頑張っているケアが逆効果になることも。やりすぎ洗顔が毛穴の開きを目立たせてしまいます。

毛穴が締まるからと、冷水で洗顔していませんか? 冷水で洗顔をすると汚れが落ちきらないこともあり、皮脂詰まりの原因にもなります。皮脂が詰まった毛穴は開いたままになって目立ってしまいます。ぬるま湯で洗顔をし、きちんと汚れを落とすことが大切です。

また、皮脂の落としすぎは皮脂の過剰分泌を招き、皮脂詰まりの原因になります。肌のバリア機能も低下するので、肌トラブルを引き起こしてしまうことも。洗顔料をしっかり泡立てて肌に刺激を与えないように優しく洗うことが大切です。

洗顔だけでは、毛穴にできた角栓や黒いブツブツはなかなか消えません。これは、汗をかかない生活などで毛穴の開きがコントロールできず、毛穴の奥まで汚れがたまっているからです。だからといって無理やり角栓を取るのはNGです。皮脂を取りすぎてしまうことになり皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまいます。指で周りから強制的に角栓を押し出す圧力が刺激や傷となって、炎症や色素沈着の原因にもなってしまいます。

汗をかく生活を心がけ、正しい洗顔を実践すれば、目立っている毛穴の開きが少なくなりそうですね。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい