menu
TOP

冬メイクが映える“生肌”をかなえる ベースメイクの仕込み

メイクの流行りは素肌っぽいすっぴん肌が主流。素肌っぽいだけではなく、さらにツヤ感をプラスした生っぽい“ロースキン”がトレンドのようです。とはいっても、素肌では勝負しずらいのが大人の肌。
特に乾燥の季節にはなおさら、きれいなすっぴん肌でいるには多少の仕込みが必要です。でも仕込み過ぎると素肌っぽさがなくなるのも現実。素肌っぽい美肌を作ることは、完璧なメイク肌を作ることより実は難しいのです。

そんな悩ましい大人のすっぴん肌作りに役立つのが、機能も美しさも優秀なコンシーラー。

先日デビューしたばかりの『トゥヴェール ミネラルコンシーラー』です。

shohosen_concealer

今なりたい肌は、ほどよいツヤがあって、シミ・くすみがなく透明感のある素肌っぽい肌。

“素肌っぽい”肌を作る際に、まずクリアしておかないといけないのが、シミ・くすみを消し去ること。いくらツヤがあっても肌がムラだらけでくすんでいては、ただの手抜き肌に見えてしまいます。

だからこそ、シミ・くすみのカバーが必須なのですが、それをファンデで実現しようとすると、厚塗り感が出てしまって、一昔前のばっちりメイクや老け顔に仕上がってしまいます。

そこでコンシーラーの出番です。シミやくすみの部分だけをカバーすれば、その他の部分はざっと軽く仕上げるだけ。

「そうは言っても、コンシーラーを上手に使いこなすのは難しい」、なんて声も聞こえてきそうですが、『トゥヴェール ミネラルコンシーラー』なら、使いやすさも抜群。失敗せず、キレイに使えるんです。

コンシーラーが敬遠される理由の一つが、上手くカバーできないということ。

確かに、シミをしっかり隠そうとカバー力の高いものを使うと、塗った部分がかえって目立ってしまったり、逆にカバー力が足りないと、肌なじみはいいけどカバーしきれず肌色がグレーがかってしまったり。硬さや肌なじみとカバー力のバランスが難しいものですが、ミネラルコンシーラーはそれを見事に両立!

するんと肌に塗りやすくて、気になるポイントをしっかりカバーできるのに、なじみがいいから塗った境い目が自然で、悪目立ちしないんです。質感もマットすぎずツヤやかで、上からパウダーを重ねても厚塗り感が出ず、とにかく自然。パウダリータイプのファンデの上に重ねてもヨレないから、コンシーラー初心者さんも使いやすいはず。

さらに、大人にうれしいポイントはまだまだ。

名前の通り、タール色素を使わずミネラルで色づけしているのはもちろんですが、なんと美容液成分を75%も配合。スクワランやホホバ種子油などの美容オイルをたっぷり含んでいるから、乾燥しないどころか、つけている間中、肌が潤うのがスゴい! 

顔全体の肌印象を決めるほど影響力が大きい目の下のくすみは絶対カバーしたい部分ですが、カバーすることでグレーっぽく仕上がったり、シワっぽくなると、逆に老け感が高まるのがネック。それもこのコンシーラーなら心配要りません。むしろ、このコンシーラーをつけている時の方が、夕方になっても乾燥や小ジワができず、肌色はもちろん明るいまま。フィット感も高いので、一日中きれいな肌印象が続きます。

しかも、こんなに持ちがいいのにクレンジング要らずで、石けんでオフできるのも肌に優しいうれしいポイント。

激しい乾燥に肌もパサつく季節、潤い・カバー力・美肌力も高い『ミネラルコンシーラー』が、理想の“すっぴん肌”を叶えてくれますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい