menu
TOP

冬のデトックスは代謝アップがカギ!注目の美容法はこれ

昨今、話題を集めた美容法といえば、やはり「デトックス」でしょう。グリーンスムージーやコールドプレスジュース、酵素ドリンク、スープクレンズなど、さまざまなデトックス法が流行しました。高脂肪・高カロリーなものを食べる機会が増える冬は、気がつかないうちに太ってしまうことも多いもの。流行したデトックス法のなかでも選りすぐりの方法で、代謝アップとダイエットを実現させましょう。

12-05_10323003891_R

太りやすい冬はデトックスで代謝アップ!

冬は体が冷えやすい季節です。また寒いので動く機会も減ってしまいがち。暖かい部屋で運動もしないで過ごしていると、筋肉量が低下して、代謝も低くなってしまいます。加えて、現代生活では高脂肪・高カロリーな食事をとる機会が多く、「いつの間にか太っていた」というのはよくあるパターンです。こうしたことから、冬は意識的に代謝を高め、痩せやすい体質づくりに励みたいところ。そこで取り入れたいのが、デトックス効果のある食事法です。

代謝のカギを握る「酵素」が豊富な食事を

昨今のデトックスブームを支えた真の主役は、実は酵素。さまざまなヘルシードリンクが流行しましたが、これらはいずれも野菜や果物に含まれる酵素を壊さないように作られたものばかりです。加熱によって機能を失ってしまう酵素を効率的に、手軽に摂取できるので、多くの人に好まれたようです。体内で作られる酵素は主に消化と代謝に使われますが、その量は限られています。そのため、食べ過ぎによって消化にばかり酵素を使うと、代謝は下がるいっぽうです。

ヘルシードリンクに含まれる酵素は消化を助ける働きをしてくれるため、体内の酵素のうち、消化に使う分を減らし、代謝に回すことができるようになります。

冷たいジュースによるデトックスは春までおやすみ

グリーンスムージーやコールドプレスジュース、酵素ドリンクなどは、冷たくするとより美味しく感じるため、つい冷やして飲みたくなるかもしれません。しかし、冷たいジュースで行うデトックスは、体の冷えや代謝の低下を促します。特に、断食をすると食事から作り出せる熱量が減少するため、冷えが悪化する可能性も。

せっかく断食をがんばっても、冷えで代謝を落としては逆効果になってしまいます。冷たいジュースを使ったデトックスは、気温が高くなる春までおやすみするのが賢明でしょう。

身体が温まるホットドリンクやスープを続けて

しかし、代謝を高めたい方にとって、ヘルシードリンクを使ったファスティングは魅力的です。冬にヘルシードリンクを使ったデトックスをしたい場合は、身体を温める工夫を加えるとよいでしょう。

例えば、コールドプレスジュースは、体を温める作用をもつ人参やごぼう、しょうがなどの食材を取り入れて、常温で飲むとよいでしょう。グリーンスムージーは温めてホットスムージーにアレンジできます。ただし、48度以上になると酵素は機能を失ってしまうため、40~45度程度のぬるめにするのがポイントです。酵素ドリンクも人肌程度の白湯で割ると、生きたままの酵素を摂ることができます。また、冬は暖かいスープでデトックスするスープクレンズに切り替えるのもひとつの手。身体を温めながらデトックスして、冬太りを防ぎましょう。

あったかデトックスで太らない冬に

夏のイメージが強いジュースデトックスですが、アレンジ次第で冬も継続することができます。体を温めるのがメインであれば、人気上昇中のスープクレンズもおすすめです。冷え予防も考慮したデトックス法で、スタイルをキープしましょう!

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい