menu
TOP

美人度アップ!肌タイプでわかる「自分に似合う色」の見分け方

「すてきな色の口紅を買ったけど、なんだか顔色が悪く見えるかも」こんな経験はありませんか? メイクをするうえで気をつけたいのが、自分に似合う色を選ぶこと。好みであっても似合わない色であれば、かえって魅力を損なうことになりかねません。自分に似合う色を選び、より魅力的な自分を演出しましょう!

11-01_10161012082_R

似合う色で魅力倍増!

好きな色と似合う色は違うと言われています。ただ、好きな色は普段から身につけたり、持ち物として選んだりすることも多いので、自分らしさを表現するテーマカラーになっていることもあります。一方、似合う色が好きな色と異なる場合は、なかなか洋服やメイクカラーに使わないので、使ったり着たりしたときの印象は分からないものです。

では、似合う色とはどのような色でしょう。肌がきれいに見えたり、顔色がよく見えたりして、若々しくいきいきとした印象に見せてくれるのが似合う色と言われています。さらに、自分の個性が引き出されるので、より魅力的な自分を表現できます。反対に、顔色が悪く見えたり、肌がカサついて見えたり、厚化粧に見えたりと、老けた印象を与えやすい色は、避けた方が無難です。

肌タイプ簡単チェックリスト

自分に似合う色を見つけるために、まずは自分の肌タイプを知りましょう。肌色は大きく分けるとイエローベースとブルーベースの2種類に分かれます。自分の肌がどちら寄りなのかを調べてみましょう

  • 髪色は黒より明るめの茶色の方が似合う
  • 黄色やオレンジ色の服を着るとしっくりくる
  • 日焼けをするとそのまま黒くなる
  • アクセサリーはイエローゴールドやピンクゴールドが多い
  • 真っ白のシャツを着ると肌がくすんで見える

3つ以上該当する場合はイエローベース、2個以下の場合はブルーベースと言えそうです。あくまで簡易のチェックリストであるため、正確な判断をしたい場合は、パーソナルカラーリストやスタイリストなどの専門家にみてもらいましょう。

イエローベースの方はオレンジ系を

イエローベースの方は、黄みの強いオークル系の肌タイプであるため、黄みがかった暖色系の色が似合うようです。意識していないけれど、気がつくと黄色やオレンジ、赤、緑などを選んでいるという人も多く、ファンデーションはオークル系、チークやリップはオレンジがかった色味のものばかり、という方もいらっしゃるでしょう。たまには雰囲気を変えてピンク系を選びたいときは、コーラルピンクやサーモンピンク、ベージュピンクなどの黄みがかった色を選ぶと肌なじみもよく、上品に仕上がります。目元はベージュやゴールドを選ぶとやさしい印象になり、ブラウンやカーキなら深みを出すことができます。

ブルーベースの方はピンク系を

ブルーベースの方は、青みがかったピンク色の肌タイプであり、青みがかった寒色系の色が似合いやすいとされています。青や紫、緑などが肌なじみの良い色です。肌に透明感のある方が多いのも、このタイプの特徴。ファンデーション、チーク、リップともにピンク系が似合う傾向にあります。また、真紅や青みがかったピンクといった大人っぽい色や、いちごミルクや桜色のような可愛らしい色が似合うのもブルーベースならでは。目元はさわやかなブルーやグリーンで女性らしく演出したり、グレーやブラックでクールな印象に仕上げるのも気分次第です。

似合う色で美しさと個性を高めて

自分の肌タイプと似合う色を知ることで、個性を引き出しながら魅力を高められます。好きな色が似合う色と異なっていた方は、ぜひ、新しい自分を見つけるために、似合う色にチャレンジしてくださいね。

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい