menu
TOP

ふき取りクレンジングって肌にとっていいの?クレンジングについておさらい

最近では、石けんで落とせるファンデーションや日焼け止めに注目している方も多いようです。一方で、メイク落としを使わなくて大丈夫?と心配してしまう方も少なくはないはずです。では、肌にとって何が一番負担になるのでしょうか。
肌にとっては化粧品も日焼け止めも、クレンジング剤ですら残っていることがトラブルの元になります。では、素肌に戻すにはどうするのが良いかを考えましょう。

また、クレンジングでの摩擦や洗いすぎでも肌トラブルを引き起こすということをご存じですか? 今回は今まで当たり前のように行ってきたクレンジングについて、成分や使い方などを今一度見直してみましょう。

11-05_10367001375_R

オイルやミルク、クレンジングのタイプはメイクの濃さで使い分ける

クレンジング剤といってもオイルやクリーム、ジェルなどさまざまな形状があります。どれを選ぶかは、肌質や好みによって人それぞれだと思いますが、「メイクの濃さ」を基準にした選び方をご紹介しましょう。

メイクの濃さに関係なく、なんとなく選んでしまっていては、肌に知らず知らずのうちに負担をかけているかもしれません。普段からナチュラルメイクの方がオイルタイプのクレンジングを使用している場合は余計な刺激や摩擦が多いかもしれません。逆に、ばっちりメイクのアイメイクを洗浄力の弱いクレンジングで落とそうと、肌を強く擦るのもNG。以下を参考にクレンジング選びから見直してみましょう。

ばっちりメイクには

普段から濃いメイクをしている方やパーティーなどの特別な日のメイクには、洗浄力の高いオイルタイプや、リキッドタイプがおすすめです。小鼻やアイメイクの細かな部分を落とすのにも便利です。しかし、オイルには界面活性剤が多く含まれるため、肌への刺激が大きく、また、強くこすってしまいがちなため、気をつけて使用しましょう。

ナチュラルメイクには

最低限のベースメイクにアイメイクもお湯で落とせるマスカラなどを使用しているという、ナチュラルメイクにはクリームタイプ、ミルクタイプがおすすめです。肌への刺激はオイルタイプほどではなく、しかしながら、メイクは残さず落とせる洗浄力があります。

クレンジング成分を重視する

次はクレンジングに含まれる成分に注目してみましょう。上記でも少し述べましたが、クレンジングオイルには界面活性剤が比較的多く含まれており、強い洗浄力のものだと肌への刺激が気になります。クレンジング剤をタイプやメイクの濃さで選ぶことはもちろんですが、その際には成分を重視することも肌を守るポイントになります。なるべく界面活性剤が少なく、植物性オイルを使用した肌にやさしいものを選びましょう。

トゥヴェールの“マイルドクレンジングオイル”は、界面活性剤不使用のふき取りタイプのクレンジング剤です。クレンジング後の肌の乾燥やつっぱりが気になる場合や、濃いメイクを落とす場合、界面活性剤が多く含まれるオイルタイプを使うことに抵抗があるという場合には、ぜひこうしたアイテムを取り入れてみましょう。

ふき取りクレンジングは肌にやさしい

クレンジング剤のなかでもふき取りタイプのクレンジング剤は比較的肌にやさしいため、敏感肌や乾燥肌の方にはとくにおすすめです。“マイルドクレンジングオイル”のような、界面活性剤不使用のふき取りオイルタイプのもののほかにも、ウォータータイプでコットンになじませて拭き取り、クレンジング後の洗顔も不要というタイプなどもあります。何種類かクレンジングを用意しておき、その日のメイクの濃さや肌の調子で選べるのが理想です。

クレンジングを使うときは、クレンジング剤を肌にのせ、指の腹で肌をやさしくなでるようになじませます。肌からファンデーションなどが浮き出したら、ぬるま湯ですすぎ、きれいに洗い流します。そのとき熱いお湯をつかったり、ごしごしと擦ったりしないことが肝心です。必要な皮脂までは落とさないように気をつけましょう。毎日のクレンジング剤やその使い方を見直すことで肌の調子が良くなるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい