menu
TOP

シリコーンや界面活性剤は悪者?頭皮と髪を守る正しい知識

ノンシリコーンシャンプーが注目を集めていますが、そもそも「シリコーン」とは何なのかご存じですか?

「なんとなく髪に悪そう」というイメージから避ける方が少なくありませんが、実はシリコーン自体が髪にダメージを与えることはないのだとか。今回は、市販のシャンプーに含まれていることの多いシリコーンと界面活性剤の正しい知識についてお伝えします。

11-06_10186001690_R

「シリコーン」「界面活性剤」って何?

シリコーンも界面活性剤も、そもそも髪を傷つけるためのものではありません。シャンプーにおけるそれぞれの役割を見てみましょう。

シャンプーやコンディショナーに配合されているシリコーンは、毛髪のコーティング剤としての役割を持っています。髪の表面をコーティングすることでキューティクルが整い、手触りのよい髪へと導きます。一方、シャンプーに含まれている界面活性剤は、髪や地肌に付着した皮脂や汚れを洗浄するために含まれている物質です。水と油のような混ざり合わないもの同士をなじませる働きを持ち、汚れをしっかりと落としてくれます。

ノンシリコーンが好まれるのはなぜ?

洗い上がりの手触りをよくするために用いられるシリコーンは、シリコーンオイルとしてシャンプーに含まれています。髪を洗った後に、シャンプー剤がきれいに洗い落とされていなければ、シリコーンオイルが頭皮の毛穴をふさぎ、頭髪に負担を与えるのではないか、と心配する人も多いようです。

もちろん、皮膚にシリコーンが残り続けるのは自然な状態ではないので、避けた方がよいですが医学的にシリコーンが頭皮のトラブルを引き起こすという証拠があるわけではありません。

頭皮と髪のダメージの原因は効果の強すぎる界面活性剤

シリコーンも界面活性剤も必要なように感じますが、実は、効果の強すぎる界面活性剤は、髪にダメージを与える要因のひとつにもなりかねない物質です。界面活性剤は、その力が強すぎると皮脂や汚れを落とすだけでなく、皮膚を守るバリアである皮脂膜や角質層までも傷つけてしまいます。このバリアが破壊されると、水分を保つことが難しくなり、頭皮の乾燥を招くことにもつながります。こうしたダメージや乾燥は、頭皮や髪の状態を悪化させる原因に。ただし、整髪料などは水だけではきれいに洗い落とすことはできず、界面活性剤が必要です。逆に、汚れが残ったままでは頭皮のダメージとなります。ではどうしたらいいの? つまり、頭皮にも髪にもダメージの少ない界面活性剤を使ったシャンプーを選ぶことです。

アミノ酸系洗浄剤ならシリコーンも不要

髪のダメージが大きい場合は、シリコーンでキューティクルを整えるのもひとつの手です。しかし、できればシリコーンいらずの健やかな髪と頭皮を育みたいですね。髪をやさしく洗い上げるアミノ酸系洗浄剤なら、脂質を落としすぎることがなく、シャンプーによるダメージをおさえられます。そして、髪に適度な脂質が残ることでなめらかさが保たれ、シリコーン不使用でも艶やまとまりのある仕上がりが期待できます。

また、多くのアミノ酸系シャンプーには天然由来の高級脂肪酸にアミノ酸を反応させて作られている界面活性剤が使われています。こうした界面活性剤は肌のトラブルや髪の乾燥にも負担が少ないとされています。

ごまかしのない美しい髪へ

界面活性剤やシリコーンは、決して髪にとって悪者ではありません。しかし、界面活性剤の選び方や使い方によっては、髪や頭皮を傷つけてしまいますし、シリコーンで手触りがよくなった髪は、本来の健康状態をわかりにくくしてしまいます。日ごろから低刺激のアミノ酸系洗浄剤でやさしく洗い、頭皮環境を良好に保ちましょう。

基本は、頭皮や髪についた皮脂やホコリなどの汚れをきれいに洗い落とすことです。そして、忘れてはならないのが、シャンプーも残ったままでは頭皮や髪を傷める原因になるということ。シャンプーした後は、シャンプー剤をすべて洗い流すように、速やかにぬるま湯で十分すすぐことが肝心です。そうした積み重ねが、なめらかで美しい髪を育てるでしょう。

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい