menu
TOP

健康を支えるカギは「ミネラル」!吸収を助ける食品は?

健康維持のために欠かせないミネラルですが、外食が多い現代人には不足しがちな栄養素です。ミネラルは人間の体内では合成できず、食べ物から摂取しなければなりませんが、近年では食品に含まれる量が減少しているのだとか。食事でしっかりと補うためにも、ミネラルを含む食品にくわえ、ミネラルの吸収をサポートする食品も積極的にとりましょう。

11-07_11020000592_R

ミネラル不足は病気の元

体の調子を整えたり、体内の組織を構成したりする働きを持つミネラル。私たちが日々食品から摂取しているカルシウム、マグネシウム、リン、亜鉛、鉄などはミネラルの一種です。それぞれの働きによって、毎日を健やかに過ごすことができています。

各種ミネラルが不足すると、さまざまな症状が起こります。鉄分不足は貧血、カルシウムやマグネシウム、リンの不足は骨密度の低下、亜鉛不足は味覚障害、カリウム不足は循環器疾患などの影響が現れます。これらの症状はミネラルが不足するとすぐに現れるわけではなく、体内にストックされたミネラルで調整します。しかし、ストックも切れてしまうと発症し、病気につながることも。慢性的なミネラル不足に陥らないよう、食生活を整えることが大切です。

カルシウムやリンの吸収を高めるビタミンD

ミネラルを効率よく補うためには、その吸収を助ける食品を一緒にとりましょう。

まず年齢とともに気になるのが骨密度の低下。それを防ぐ工夫として覚えておきたいのが、カルシウムやリンの吸収を促進して、骨の形成をサポートするのがビタミンDであるということです。ビタミンDは鮭やしらす干しなどの魚介類のほか、しいたけやえのき、マイタケなどのキノコ類などに豊富に含まれています。これらの食品をカルシウムやリンがとれる牛乳や乳製品、小魚、豆類などと組み合わせて摂取するようにしましょう。

また、カルシウムを摂取する際は、マグネシウムが豊富なナッツ類や海藻類も同時に摂りたいところ。「カルシウム:マグネシウム=2:1」の割合でとると、マグネシウムの吸収がよくなるので、こちらも覚えておきたいですね。

鉄や亜鉛の吸収はビタミンCでサポート

鉄や亜鉛の吸収を促進するのが、ビタミンCです。ビタミンCはイチゴやキウイフルーツ、ブロッコリー、小松菜などに多く含まれています。鉄や亜鉛がとれる海藻類や魚介類、貝類、レバーなどを摂るときは、ビタミンCも同時に補いたいですね。ビタミンC以外にも、梅干しやレモンに含まれるクエン酸も鉄・亜鉛の吸収に役立ちます。

バランスのよい食事でミネラルをたっぷりと

ミネラルは健康を支える重要な栄養素。ミネラルを含む食品はもちろん、ビタミンDやビタミンC、クエン酸などを含む食品も組み合わせて、吸収の効率を高めましょう。

健康維持には、バランスのよい食生活が欠かせません。さまざまな組み合わせを楽しみ、豊かな食事を実現しましょう!

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい