menu
TOP

口紅が色素沈着の原因に!? 鮮やかなヘルシーリップを保つ方法

かつては鮮やかだったはずの唇が、いまではくすんで見える……その原因は、毎日使っている口紅に潜んでいるかもしれません。メイクをするうえで欠かせない口紅ですが、実は色素沈着を引き起こす成分が含まれている商品も少なくありません。若々しさの象徴である健康的な赤みのある唇を保つためには、どうすればいいのでしょうか? 今回は唇の色素沈着の原因を知り、健康的な唇を保つ方法をご紹介します。

11-08_10131011418_R

唇の色がくすむのはなぜ?

唇の皮膚はとても薄いので血流の影響を受けやすくなっています。たとえば、プールに入って体が冷えすぎると唇が紫色になるのも、こうした現象からです。また、唇は紫外線や刺激物の影響にも敏感で、紫外線や喫煙、口紅のクレンジング不足などが唇の色素沈着を招く原因になっています。特に気をつけたいのが、タバコや口紅に含まれるタール色素(合成色素)です。

石油から作られるタール色素は、口紅をはじめとして、さまざまなメイク用品に使用されている一般的な成分です。しかし、タール色素は、紫外線を浴びた際に体内で生成されるメラニンを肌に沈着させ、シミの原因を作ってしまうのだとか。これは、タール色素が持つたんぱく質を破壊する性質によるもので、破壊された部分にメラニン色素が沈着するためだと考えられています。さらに、喫煙習慣がある場合は、タール色素を唇にのせる機会を増やしてしまい、喫煙によって血行が悪くなることも唇の色を悪くすることに拍車を掛けていると言えます。

タール色素不使用の無添加ルージュを使う

タール色素を唇にのせる機会を減らすためにも、まずは禁煙や減煙を図りたいところ。さらに、毎日使用する口紅も、タール色素が配合されていないものを選ぶとより効果的です。

口紅は朝塗るだけでなく、食事やお茶の後など一日に何度も塗り直す人が多いでしょう。タール色素含有の口紅を使っている場合は、そのたびにタール色素を塗り重ねることになります。タール色素が含まれていないものを選び、色素沈着のリスクを減らしたいものですね。さらに、唇の負担になりやすい成分をカットした無添加のものにすれば、唇の健康を維持しやすくなるでしょう。

唇も紫外線対策を忘れずに

タール色素以外にも、メラニン色素を作る原因となる紫外線への対策もきちんと行いましょう。UVカット効果のあるリップクリームを使うことで、外出時に浴びる紫外線から唇も守ることができます。

しかし、UVカット効果として配合されている成分が石油系の紫外線吸収剤であったり、他にもメントール、香料など含まれていたりすると、その成分が刺激剤となって唇に負担を与えてしまいます。含有成分をしっかりと確認したうえで、納得できるものを選ぶようにしましょう。

成分を意識して健康な唇をキープしよう

肌の変化には敏感であっても、唇の色や状態には見落としやすいもの。唇にのせるものの成分とその働きを理解しておくことが大切です。口紅は毎日使うものだからこそ、品質に信頼が持てるものを選びたいもの。メイクを落とした自分の顔にも自信が持てるよう、唇本来の鮮やかな色を保つように努めましょう。

参考:

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい