menu
TOP

紫外線が毛穴の黒ずみに?メラニン毛穴を作らないUVケア

年齢を経てますます悩まされるのが毛穴のトラブル。落としきれなかったメイクや余分な皮脂が詰まり、たるみや加齢が毛穴を目立たせる主な原因です。しかしそれだけでなく、紫外線によるダメージが毛穴の黒ずみの原因ともなっています。

紫外線が毛穴の黒ずみに? メラニン毛穴を作らないUVケア_155366999

紫外線を浴びて毛穴の入口にメラニンが蓄積

触ってもザラザラしていない毛穴の黒ずみ、それはメラニン毛穴の場合があります。メラニン毛穴というのは、毛穴のくぼんだ部分が紫外線によってメラニンが蓄積したり日焼けしたりしている状態です。

毛穴にたまった皮脂が角栓となって酸化した黒ずみとは違って、メラニン毛穴による黒ずみは皮脂を取ったり洗顔を頑張るなどしたりしても効果がありません。メラニン毛穴を作らないためには日頃のUVケアが大切です。

 

曇天時の外出や屋内にいる時もUVケアをしよう

紫外線を浴びるのは夏場や日差しの強い時期だけではありません。曇っている時や冬場でも紫外線は地表に届いています。また、屋内にも波長の長い紫外線の一種UV-A波は入り込んできます。UV-A波は肌の真皮層にまで届き、シワやたるみ、毛穴の開きやたるみの原因になると考えられています。

長時間屋外にいる時だけでなく、1年中メラニン毛穴を引き起こす紫外線を浴びています。日常生活において日焼け止めを塗る習慣をつけ、日傘や帽子、衣服で紫外線対策をするのがオススメです。

日焼け止めのパッケージに表示されている「SPF」や「PA」も確認しましょう。

「SPF」とはSun Protection Factor(サン・プロテクション・ファクター)の略で、波長の短く短時間で肌にダメージを与える紫外線UV-B波の防止効果を表す指標です。この数値が大きいほど肌を日焼けから守る効果が長続きします。

「PA」とはProtection Grade of UVA(プロテクション・グレイド・オブ・UVA)の略で、UV-A波の防止効果を示す指標です。「PA+」「PA++」「PA+++」の3段階に別れています。シワやたるみ、毛穴の開きやたるみの予防にもなるので、「PA」の+が多い日焼け止めを選ぶのがよいでしょう。

紫外線対策に効果のある日焼け止めですが、寝る前にはしっかり洗い流しましょう。毛穴の中に日焼け止めが残っていると、毛穴に詰まり黒ずみの原因となってしまいます。

 

日焼け止めは何度か塗り直しするのが効果的
メイクの上から塗り直して、お化粧直しにもなる
トゥヴェールミネラルサンスクリーン

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい