menu
TOP

「エッセンシャルオイル」でビューティー&リラックス!気分に合わせたエッセンシャルオイルの選び方

アロマテラピーで用いるエッセンシャルオイル(精油)は、オイル美容やマッサージ、アロマテラピーなどさまざまなシーンで活用できるうれしいアイテムです。その取り入れ方と気分に合わせた香りの選び方をご紹介します。

12-01_28177003169_R
美容もリラックスも!エッセンシャルオイルのさまざまな楽しみ方

健康や美容において“アロマテラピー”という言葉をよく耳にしますが、それにはさまざまな方法があります。
毎日の生活のなかで簡単に取り入れられるものを紹介します。

芳香浴法

よく知られているのが、アロマポットとキャンドルを使用するものではないでしょうか? 水を張った上皿にエッセンシャルオイルを5滴ほど垂らしキャンドルを灯して、水分の蒸発と同時に香りを拡散させるものです。ほかにも、より手軽なものでは、ティッシュペーパーにエッセンシャルオイルを1、2滴垂らして会社のデスクや就寝時の枕元など身の回りに置いておくだけでも香りを楽しめます。

沐浴法

お湯にエッセンシャルオイルを垂らして入浴する方法です。いつもどおりに浴槽に湯を張り、3~5滴ほどエッセンシャルオイルを垂らして15分ほど全身浴をしましょう。半身浴や手浴、足浴でももちろんOKです。

アロマスプレー

気分転換や就寝前などにルームスプレーとして、お好みのエッセンシャルオイルを1種類、またはブレンドして精製水と混ぜて作ることが可能です。リラックスだけでなく、使用するエッセンシャルオイルによって、空気清浄や掃除、虫除けにも使えます。

疲れを感じるとき、リラックスしたいとき

オレンジスイートやゼラニウムがおすすめです。オレンジの果皮から採取されるオレンジスイートのエッセンシャルオイルは、みずみずしく甘酸っぱい香りが特徴です。疲れをリフレッシュしたいときや、就寝前に使うと効果的です。
ゼラニウムはバラに似た香りが特徴で、自律神経のバランスを整え、緊張からくるストレスやイライラ、不安などを鎮める効果が期待できます。

すっきりとリフレッシュしたいとき

グレープフルーツやティートゥリーがおすすめです。グレープフルーツの爽やかな甘酸っぱい香りは気分をリフレッシュさせ、明るく幸せな気分へと導いてくれます。気分にムラがあり、落ち着かなかったり不安定になっていたりする場合にも効果的です。
ティートゥリーのスパイシーな香りには気持ちを落ち着かせて冷静にする作用があるとされています。神経質になりがちなときや落ち込んだときにもおすすめです。

甘く濃厚な香りを楽しみたいとき

イランイランやサンダルウッドがおすすめです。甘くて濃厚な香りが特徴のイランイランは官能的な気分や幸せな気持ちを高める効果のほか、不安感やストレスを和らげる作用も期待できます。就寝前や1人でゆったりと入るバスタイムのお供に取り入れたいですね。
また、甘くウッディな香りが特徴のサンダルウッドは、心を鎮める効果が期待できます。この香りは、就寝前のほかにもヨガや瞑想とも相性が良いので、自分と向き合う時間に使うと良さそうです。

毎日の生活に取り入れて

エッセンシャルオイルやアロマテラピーと聞くとなんだか、敷居が高く感じられますが、実はとても簡単に生活に取り入れることができます。200~300種類あると言われているエッセンシャルオイルのなかからお気に入りを見つけましょう。
エッセンシャルオイルを日常生活に取り入れて、心も身体ストレスを溜め込まない工夫をしたいものですね。

参考:

(公社) 日本アロマ環境協会|アロマを知る|精油とは|精油の種類
(公社)日本アロマ環境協会|アロマを知る|アロマテラピーの楽しみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

その他カテゴリの人気TOP5

まだデータがありません。