menu
TOP

爪は女子力の落とし穴。こまめなケアが肝心です!

日頃、手荒れには気を付けますが、意外と爪まで気が回らないもの。割れやすかったり、すぐに欠けてしまったりといったトラブルに悩む人も意外と多いようです。今回は、表情豊かな指先を演出することにもつながる爪のケア方法やポイントを紹介します。

12-04_10736004071_R

ハンドクリームをこまめに活用

手洗いや家事など、日常のさまざまな場面で手を水にさらす機会は案外多いもの。そのたびに爪にも負担が及んでいます。ハンドクリームはこまめに塗り直す方が効果的といわれていますが、塗るときには爪の付け根にも塗り込むように意識をしましょう。さらに、ハンドクリームを塗るときに手の甲や手のひら、そして指先を指圧するようにマッサージしておくと、血行が良くなり、指先までしっとりとうるおいを行きわたらせる効果が得られます。
また、紫外線は爪を傷めてしまうため、日ごろから指まで日焼け止めを塗ったり、冬場にはなるべく手袋を使用したりして紫外線を直接浴びないように心掛けましょう。

爪にも栄養を与えよう

お肌と同じように、爪の健康状態を保つためにバランス良く栄養を摂ることは欠かせません。艶のある丈夫な爪をつくるには、ビタミンやミネラルだけでなく、タンパク質もしっかりと摂取することが必要です。食事では動物性タンパク質と植物性タンパク質の両方を偏りなく食べるようにしましょう。そうすることで必須アミノ酸やビタミン、ミネラルもきちんと補えます。
爪のことを考えると、無理なダイエットは禁物。さまざまな食材が一度においしくいただける煮込み料理など理想的です。ほかにも、緑黄色野菜をたっぷりと入れたお味噌汁、牡蠣やひじきを入れた炊き込みご飯もおすすめです。
また、おやつにはさつまいもやナッツ、ドライフルーツなどビタミンやミネラルを補給できるものを選ぶと良いですね。

オイルを活用する

ハンドクリームで爪の乾燥を防ぐと同時に、忘れてはいけないのがネイル用オイルや美容オイルの活用です。ハンドクリームよりも断然浸透力が強く、健康な爪を保つ効果が期待できます。最初にオイルや美容液を爪、指先、手全体になじませてから、ハンドクリームをつけるようにしましょう。
乾燥が気になるときには、上記の手順でケアしたあと、コットン100%の手袋をはめて、保湿と保温効果を高めます。そしてそのまま就寝すると、翌朝は指先までしっとりとしていることでしょう。
ケアを怠るとかさついたり、ひび割れしたり、さまざまなトラブルを起こしやすい指先や爪。でも爪の周りの保湿ケアは、お肌のケアよりも目に見えて効果を実感しやすいのが特徴です。指先までを意識して、こまめにケアすることでトラブル知らずの指先が手に入るということですね。
例えば、気づいたときにすぐに塗れるように、キッチンや洗面所、ドレッサー、また外出時のバッグの中など、複数の場所にハンドクリームを置いておくのもこまめなケアの第一歩です。
また、オイルはさまざまな香りやボトルデザインがあるため、お好みのものをいくつか持っておくとケアも楽しくなりますね。ハンドクリームやオイルを塗るときは、あわせてマッサージも行うようにしましょう。効果アップが期待できます。

さりげない部分から女子力アップ

魅力的なネイルアートも指先がかさかさだと台無しです。逆にネイルアートをしていなくても、しっとりと保湿の行き届いたしなやかな指先は女子力を高めてくれますね。バランスの摂れた栄養とこまめな保湿ケア、ハンドマッサージで華麗な指先を目指しましょう。
参考:
乾燥の季節の毎日の爪ケアが肝心 エステ-ヒーリング iタウン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい