menu
TOP

美肌に“ミネラル”は欠かせない!手軽に摂る方法3選

肌の調子を整えるためには、ミネラルの摂取が欠かせません。ミネラルは肌の新陳代謝やコラーゲンの生成に深く関わり、年齢に合わせた肌のお手入れに役立ちます。そんなミネラルを日ごろから効率よく摂取するには、毎日の食事にプラスするのが一番。簡単にミネラルを補うことができる3つの方法をご紹介します。

12-07_10724000792_R

美肌に欠かせないミネラルの働きとは?

私たちの身体は、全身の細胞が日々生まれ変わり、健康を維持しています。肌の細胞も同様で、古い細胞が死に、新しい細胞が生まれることで、美しい肌が保たれています。こうした細胞の生まれ変わりのことを、新陳代謝といいます。年齢によって新陳代謝は衰えていき、20代と40代では、生まれ変わりにかかる時間はおよそ2倍にもなるといわれています。

そんな新陳代謝に必要となる栄養素が、鉄分や亜鉛、マグネシウムなどのミネラルです。ミネラルは、体内で生成することができない成分。つまり、いきいきとした肌を保つためには、これらの栄養素を食事で摂取する必要があるというわけです。

日常で手軽にミネラルを摂取する方法

ミネラルを補うためには、摂取する食べ物や飲み物の選び方がカギとなります。いつもの食事にミネラルをプラスするには、どのようなものを食べればいいのでしょうか。

その1 ミネラルウォーターや麦茶といった飲み物類

ミネラルの手軽な補給に役立つのが、ミネラルウォーターや麦茶といった飲み物です。ミネラルウォーターはカルシウムやマグネシウムを豊富に含みます。その割合は種類によって異なりますが、日本人になじみ深い軟水が飲みやすいでしょう。また、麦茶も貴重なミネラル源です。メラニンの代謝を促す亜鉛やコラーゲンに密接に関わるケイ素を含んでいます。その働きによって美肌維持が期待できます。

その2 ドライフルーツ・ナッツ類

果物を乾燥させたドライフルーツは、ミネラルを含む栄養素が凝縮されています。そのため、グラムあたりに含まれるミネラルの量は生の状態よりも多くなるといわれています。また、ナッツ類にはカルシウムや鉄、マグネシウム、亜鉛などの各種ミネラルが含まれており、一度に、さまざまなミネラルを補うことができます。ドライフルーツもナッツも小腹が空いた時につまみやすく、おやつとして最適です。

その3 卵黄、チーズ、雑穀類

卵やチーズは完全栄養食と呼ばれるさまざまな栄養素を含む食品で、ミネラルもバランスよく補うことができます。また、雑穀も栄養に優れた食品で、ミネラルの含有量も豊富です。卵やチーズは料理に使いやすく、雑穀は白米に混ぜて炊くことができますので、毎日の食生活に取り入れやすいでしょう。

ミネラルウォーターは化粧水としても使用可能

飲料水としてもおいしく飲めるミネラルウォーターですが、化粧水として肌のお手入れに使うこともできます。ミネラルウォーターを化粧水として使う場合は、軟水を選びましょう。硬水は軟水よりもミネラルが豊富ですが、そのため刺激にもなりやすく、乾燥や肌荒れを起こすこともあります。敏感肌の人や使い慣れていない人は避けたほうが無難です。ミネラル分が少ない軟水なら、敏感肌の人でもトラブルが起こりにくいでしょう。なかでもおすすめなのは軟水に調整された海洋深層水です。海洋深層水は太陽の光や熱が届かない深海から採取された水で、豊富な栄養を含んでいます。

ミネラルウォーターは新鮮なものを使用してくださいね。開封後は冷蔵保存で3日以内に使い切りましょう。

ミネラルウォーターをスプレーボトルに注ぎ、顔などから10㎝以上離してスプレーしましょう。まんべんなく顔にスプレーしたら手のひらでそっと顔を包み込み、やさしくなじませましょう。

毎日のミネラルでいきいきとした肌へ

飲み物や食べ物などさまざまなものに含まれているミネラル。少し意識をするだけで、手軽にいつもの食事やスキンケアに取り入れることができます。毎日のミネラルで、いきいきとした美しい肌へと導きましょう!

参考:

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

その他カテゴリの人気TOP5

まだデータがありません。