menu
TOP

まつ毛も老化する!?大人のまつ毛ケアに注目!

若いころに比べて、まつ毛のハリやコシがなくなってきた、まつ毛の密度が薄くなってきたと感じたことはありませんか? 今までのメイクによるダメージや、乾燥・加齢によって、まつ毛への負担が重なっていたのかもしれません。そんな大人のまつ毛に最適なケア方法をご紹介しましょう。

12-08_10417000819_R

まつ毛も老化する!?

乾燥や栄養不足など、日々のケアが十分でないとまつ毛の老化を早めることになります。私たちの体には毛周期といわれる、体毛が生え変わるサイクルがあります。それはまつ毛も同様です。まつ毛の毛周期は人によってそれぞれですが、だいたい30日~100日程度とされています。まずはこの期間程度は続けてまつ毛ケアに集中して取り組みましょう。
最初にするケアは、栄養摂取です。まつ毛自体をハリやコシのある強いものにするために特に意識して摂りたい栄養素を紹介します。
体毛を構成するために欠かせない栄養は「タンパク質」。それから、血流を良くすることで抜けにくく、健康なまつ毛を伸ばす「ビタミンE」、育毛環境を整える「ミネラル類」を押さえておきましょう。
タンパク質は、肉類、魚類、乳製品、豆腐などさまざまな食品からまんべんなく摂りましょう。お肉が好きだからといってお肉ばかり食べるのはよくありません。
ビタミンEは、ナッツ類や玄米、アボカドやかぼちゃに含まれています。毎日のごはんに玄米を混ぜるだけでも効果的な摂取ができます。
そして、ミネラル類は昆布や魚介類に多く含まれています。副菜として積極的に取り入れましょう。

まつ毛ケアの方法

自宅でできる効果的なまつ毛のケア方法とは具体的にどんなものでしょうか?

まつ毛美容液

朝晩に顔のスキンケアをするように、まつ毛にも美容液でのケアを忘れずに行うようにしましょう。まつ毛は加齢に伴い、乾燥しがちになったり、栄養が行き届かなかったりしているため、まず、まつ毛1本1本に美容成分を行きわたらせることが大切。スキンケアの最初にまつ毛美容液をつけることがおすすめです。

目の周りの保温・保湿

目の周りの血行を良くすることでまつ毛の育毛に効果が期待できます。簡単な方法としてはホットタオルやホットアイマスクを目の上にのせてじっくりと温めてから軽くマッサージを行います。
マッサージはまず、眉毛の下の骨に沿うように目頭から目尻に向けて少しずつずらしながら指圧をしていきましょう。次は下まぶた周辺の骨に沿うように目頭から目尻に向けて同様に指圧します。最後に目頭やこめかみを2、3秒やさしく押してそっと離すというのを3回ほど繰り返します。
化粧水や乳液で目周りの保湿も忘れずに行いましょう。

ビューラーを清潔に

メイクの時に使っているビューラーは清潔ですか? アイメイクの仕上げに欠かせないという人も多いビューラーは、実は使い方を間違えるとまつ毛にダメージを与えてしまうのです。汚れたまま使っていたり、ゴムがすり減っていたりしている場合は、まつ毛が引っかかり抜けてしまうことがあります。また、ホットビューラーは熱を与えてまつ毛の形を整えるものですので、まつ毛にダメージを与えてしまいます。特に規定の温度以上の高熱で使用するとまつ毛に強いダメージを与えるだけでなく火傷の原因となってしまうため、使う場合は温度や、使い方に注意して、使用マニュアルに従って使いましょう。
ビューラーは常に清潔な状態を心掛け、使用は何度も繰り返して挟まないようにし、強い力を加えるのではなく、優しく使用すること。少し使い方を意識するだけで随分まつ毛への負担が違ってきます。

美容液入りマスカラでメイク中もしっかりとケア!

素敵なアイメイクとまつ毛ケアを同時に行えるのが、美容液成分を含んだマスカラです。トゥヴェールの『ミネラルマスカラ』は、12種類の美容成分を配合し、日々生活でまつ毛にかかる負担のケアをします。
さらに石油系界面活性剤や鉱物油などは使用せず、デリケートな肌にもやさしいので、安心して使用していただけます。

いつもよりひと手間かけて

まつ毛の量や質に衰えを感じたことがあったとしても、毎日ケアするという人は意外と少ないようです。でも、まつ毛は手をかければかけるほど、効果がわかりやすい部分でもあります。いつもより、丁寧にケアをして魅力のあるまつ毛を維持しましょう。

参考:
トゥヴェール★ミネラルマスカラ  メイクアップ  トゥヴェール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい