menu
TOP

使わないなんて損してるかも?! まぶたに優しいアイラインで美人顔に開眼!

ゆるっとらくなファッションとリンクして、このところ、メイクもナチュラルな仕上がりが主流ですね。頑張ってる感じがするから、なんてアイラインを引かない人も多いようですが、しかし!せっかくメイクしているのにアイラインを入れないなんてもったいない!入れると入れないでは美人度が大違い。ぼんやり眠そうな目が、ラインひとつでぱっちり華やかな印象に変わるのですから、アイラインは大人ほど必要です。
確かに、いつかのギャルメイクのように、まぶたをベタッと太く黒く塗りつぶすようなラインや、いかにもな跳ね上げラインには抵抗がありますが、アイラインは入れ方次第で目の形を自在に変形できる便利なアイテム。ほんの数ミリで可愛くも、エレガントにも顔の印象を変えられるんです。

shutterstock_402702715

描き方次第で目の形も大きさも自在

たとえば、ぱっちり見開いたような大きな目に見せたい時は、全体にラインを引きつつ、目の幅の真ん中あたりのラインを、黒目の幅あたりを太めに仕上げる、縦に大きいぱっちり目に。
目尻から約3~5mmぐらい長いラインを描けば、目の横幅が広い、切れ長の印象に。この時、目のカーブをなだらかに見せるように、目尻側1/3ぐらいから少しラインを太めに描き、ラインの先端へ向けて極細くつなげるように描くのが自然に見せるコツです。
さらに、ラインの先をスッと跳ね上げると、より強さのある元気な印象になります。
もっともっとナチュラルに、という人は、目頭側は入れず、目尻側にだけラインを引いてもOK。
いずれにせよ、自然で美しいアイラインを成功させるのは、べたっと太いラインではなく、まつ毛の隙間を埋めるような繊細なライン。そんなラインを描くカギとなるのは、メイク技術はもとより、なによりアイライナーの実力。皮膚が薄いまぶたの中でも、さらに敏感なアイラインに極細のラインを描くのですから、スッとなめらかに描けること。そしてなにより、軽いタッチで肌に優しい使い心地であることが大切です。

まぶたのくすみを防ぐアイライナー

そこでお勧めしたいのが、『トゥヴェール ミネラルアイライナー』。繊細でなめらかな描き心地と、まぶたへの優しさを追及したリキッドタイプのアイライナーです。

多くの女性を悩ませるまぶたのくすみ(色素沈着)の一因と言われる、染料を使わず、ミネラルだけで発色させたこのライナーは、細く描いたラインもピタッと決まって、汗や皮脂にもにじみにくく、こすれにくいフィルムタイプ。でも落とす時は、クレンジングでこする必要もなく、お湯でふやけてスルンとオフ。色素が肌に浸透することも、落とすためにこする必要もないので、くすみの心配は不要です。
また、肌に負担をかけやすい石油系界面活性剤や鉱物油、シリコン、タール色素は使わず、まぶたをケアする美容成分も配合した優しい使い心地は、デリケートな目もとにも安心なのがうれしいですよね。

もちろん、優しさを重視したからといって、仕上がりにも妥協はしていません。
筆ペンタイプの極細の筆は、まつ毛の隙間を埋めるような、細かく細い線も思い通りに描けて、スッと跳ね上げるような目尻のラインもなめらかな描き心地。しなやかな筆先は、少し筆先を寝かせばくっきり太いラインに、筆先を立てれば細いラインにと、どんなメイクも自在。ツヤのある濃密な黒だから、ナチュラルな細いラインで仕上げても目元がくっきり華やぎます。

濃いメイクがイヤで敬遠してきた人も、まぶたがデリケートで使えなかった人にも。優しい使い心地と、繊細な仕上がりの『トゥヴェール ミネラルアイライナー』なら、理想のアイラインをきっと楽しんでいただけるはず。ぜひ一度お試しくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい