menu
TOP

冬こそほしい艶肌のために、必要なのは上質な保湿。

気温は下がるし、空気は乾くし、暖房せずにいられないし。いよいよ本格的な乾燥の季節の到来。いつにもまして保湿が大切な季節です。もちろん一年中保湿は欠かさないという方も多いと思いますが、夕方になるとカサついたり、肌がつっぱったりしていませんか?
shutterstock_4669342311-24

潤いが足りてなかったり、潤いを守り切れてないという肌の乾燥サインを放置していると、パサパサに乾いた肌で老けた印象になってしまうかも。サインに気づいている人も、まだサインが出てない人も、今こそ保湿の見直し時期。寒さと乾燥に凍えそうな冬も艶肌で乗り切れるよう、本気の保湿をはじめましょう。

大人に必要な保湿の3要素

保湿といっても大人の肌には、潤いを与えるだけでも、守るだけでも不十分。肌が潤うために、肌の内側へ不足しがちな栄養を補いつつ、自ら潤う力をサポートし、外側で潤いを逃がさないように守りぬく。そんな手厚い保湿が理想です。
そしてその理想をかなえてくれるのが『トゥヴェール フェイスクリーム パワーアクティブ』。ほんのり淡いオレンジ色のクリームに、驚くべきパワーが秘められているのです。


『トゥヴェール フェイスクリーム パワーアクティブ』の魅力は、まずとてもリッチな配合。肌の栄養となるアミノ酸やビタミンはもちろん、アスタキサンチンやαリポ酸、CoQ10、SODといった若さを保つ抗酸化成分、再生力を高めるEGF、etc.と大人の肌が喜ぶ成分をたっぷり贅沢に。さらに、表情ジワにも働きかけるシンエイクでエイジングの悩みにも応え、セラミドで潤いを守り抜く強い肌の育成も狙います。
と、ずらりと挙げた配合成分、その贅沢さも自慢なのですが、トゥヴェールがさらにこだわったのは、それらの成分をきちんと肌で働かせること。ただ混ぜて塗るだけでは肌に届かず、せっかくの成分も力を発揮できません。そこで、きちんと肌に届け、肌で働くために、採用したのが多重層型ナノカプセル。
成分の特長に合わせて油溶性の成分と水溶性の成分、水と油どちらにも溶ける成分にわけて、それぞれ違う層に閉じ込めつつ重ねて、美容成分をたっぷり濃密に密封した多重層型ナノカプセルにしています。 face-capsule2そしてさらにそのカプセルを、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つというスーパーヒアルロン酸のゲルで包みこんで、ヒアルロン酸ゲル化カプセルに。
少しややこしいかもしれませんが、まとめると、カプセルの中に閉じ込められていた美容成分がなじみ、浸透した後、肌の中で溶け出し、働き始めるイメージでしょうか。肌の上に残るべき成分は残って潤いをキープし、内側で働くべき成分はじっくり行き届いて、肌の元気を高め、生まれ変わりをサポートしてくれるのです。

カプセルから溶け出す美容成分の実力

その実力はというと、使った日から感じるのは保湿力の高さ。テクスチャーはすーっとなめらかにのびてベタつかないのに、乾燥肌の私でさえ、長時間パサつきもツッパリ感も起こらず、特に乾きやすい目のまわりだって一日中しっとり。カサカサせず落ち着いたままの状態が続きます。いつもなら乾燥と同時に、夕方になると気になっていた肌全体のくすみも抑えられている気がします。
さらに続けて使っていると、一日中乾燥しないせいか、夜洗顔する時に肌がつるんとしていることを実感。肌荒れしにくくなって、「なんか肌の調子いいな」という日が続いています。乾燥するとシワっぽさが気になるところですが、このクリームならその心配も忘れさせてくれそうな予感さえしてきます。
乾燥が気になる人も、肌の若さがほしい人も、ぜひこの冬は『トゥヴェール フェイスクリーム パワーアクティブ』で艶肌を手に入れてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい