menu
TOP

食べて改善!? たるみにうれしい食べ物とは?

毎日のたるみケア、どのようにしていますか? マッサージや化粧品などのケアアイテム、紫外線対策など外からのケアがバッチリでも、体の中からもサポートしてあげないと、せっかくのお手入れが台無しになってしまいます。今回は、たるみのためにおすすめの食品をご紹介します。

食べて改善!? たるみにうれしい食べ物とは_482429473

たるみにアプローチ 体の外と中からダブルケア

たるみケアのために、意外と知られていないのが「食事の改善」。肌の弾力にかかわる成分、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどをサポートする食べ物を積極的に摂取することで、ハリのある肌を目指せます。肌にうれしい成分ごとに、たるみにうれしい食品をみていきましょう。

 

コラーゲンをサポート (牛すじ、鶏皮、ゼラチン、魚の皮など)

肌のコラーゲンが減少すると、肌の弾力がなくなりたるみにつながります。コラーゲンが豊富に含まれている食品で、コラーゲン生成をサポートしましょう。おすすめの食品は、牛すじ、鶏皮、豚足、卵の薄皮(卵殻膜)、ゼラチン、魚の皮、なまこ、スッポンなど。

 

ヒアルロン酸をサポート (手羽先、鶏皮、フカヒレなど)

ヒアルロン酸は、お肌にうるおいを保つ役割を果たします。肌が水分をしっかり保っていれば、若々しく弾力があり、たるみが気になりません。おすすめの食品は、鶏皮、手羽先、魚の目玉、フカヒレなど

 

大豆イソフラボン (納豆、豆乳など)

若々しい肌と深い関係がある女性ホルモン。大豆イソフラボンには、女性ホルモンに似た働きをして、肌の保湿力に関わるはたらきがあるといわれています。おすすめの食品は、納豆、豆乳など。

 

ポリフェノール (アシタバ、たまねぎなど)

ポリフェノールは、血流をよくする効果があると言われています。血流がよくなることで、肌がイキイキします。おすすめの食品は、アシタバ、たまねぎなど。特にたまねぎに含まれる成分は「ビタミンP」とも呼ばれ、コラーゲン生成に欠かせないビタミンCの吸収を助けるちからがあるといわれています。

 

バランスのとれた食事で、エイジングケアしましょう。

いかがでしたか?毎日の食事で摂取できていたでしょうか。ご注意いただきたいのは、肌にいいからといって、その食品ばかり摂取するような偏った食事です。美しい肌は、栄養のバランスとれた食事がベースにあって実現します。たるみにうれしい食品を意識しながらも、栄養バランスを考えて、エイジングケアを楽しみましょう。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい