menu
TOP

皮脂とたるみのダブルリスクを減らす毛穴の開き対策

20代後半頃は肌の変化が出始めてくる時期です。まだ皮脂分泌が活発な20代に加齢によるたるみが出てくると、皮脂とたるみのどちらも毛穴が開く原因になってしまいます。このダブルリスクを減らす対策を実践して、毛穴の開きを目立たなくさせたいものです。

皮脂とたるみのダブルリスクを減らす毛穴の開き対策_152951254

「たるみ毛穴」には
加齢によるコラーゲン減少をおさえることが大事

「たるみ毛穴」とは、加齢などによる肌老化が原因で、頬などに目立つ楕円形の毛穴のことです。肌の老化によるコラーゲンの減少や顔の筋力の低下で、肌とともに毛穴がたるむことが原因です。

「たるみ毛穴」を目立たなくさせるには、肌の老化の原因となる現象をおさえることが大事になります。

1.紫外線対策をする  
コラーゲンの減少は紫外線も原因のひとつとも言われています。紫外線のひとつであるUVA波は、皮膚の奥の真皮層にあるコラーゲン等のタンパク質を壊す力を持っています。紫外線は夏だけでなく1年を通して注意が必要です。外出する時は日焼け止めを忘れずに!

2. 繊維芽細胞を増やす食事を摂る
コラーゲンを作り出す繊維芽細胞(せんいがさいぼう)を活発にし、コラーゲンを分泌しやすい細胞膜にするために栄養バランスの取れた食事を摂りましょう。亜鉛とα-リノレン酸を積極的に摂ることをオススメします。

 

「皮脂毛穴」には肌に負担とならない洗顔・保湿が大事

「皮脂毛穴」は、皮脂の過剰分泌によって角質・汚れなどが皮脂と混ざり合い、毛穴を塞ぐことで起こります。皮脂毛穴は時間経過と共に酸化が進行し「黒ずみ」・「ニキビ」の原因にもなります。

「皮脂毛穴」を悪化させないために、皮脂の過剰分泌をおさえることが重要です。

1.「こすらない」「摩擦しない」洗顔をする
肌に負担とならない洗顔・クレンジング・角質ケアをしましょう。こすったり摩擦したりする洗顔では、肌の表面が痛んで必要な皮脂まで取れてしまい、過剰な皮脂分泌を引き起こします。

2.乾燥肌を防ぐための保湿をする
肌が乾燥し、水分を失った状態が続くと毛穴を引き締める力が弱まり、毛穴の開きが始まります。毛穴が開いていると、毛穴から水分を蒸発させ、肌の乾燥が促進されます。水分蒸発を防ぐために、肌から過剰に皮脂が分泌され、「皮脂毛穴」の原因となります。化粧水などでしっかり保水した後は、乳液やクリームを塗って保湿をしましょう。この保湿ケアをすることで、肌からの水分蒸発を防ぐことができます。しっかり保湿をして、肌の乾燥を防ぎましょう。

皮脂とたるみのダブルリスクをケアすることで、毛穴の開きの原因をカバーできます。今日からさっそく始めたいですね!

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい