menu
TOP

『ミネラルサンスクリーン』使用レポート

こんにちは!商品テスト係のhanaです。
春から夏へ、日ごとに日差しが強烈になってきましたね。
紫外線対策は、もはや厳戒態勢が必要なほどです。
そんな今月は、大人気の『ミネラルサンスクリーン』をレポートさせていただきます。

117_1

まずは、ざっと特長をご紹介。
肌を赤く、あるいは黒く日焼けさせる紫外線B波をカットする力の数値、SPFは50。
肌の奥まで到達して、シミやシワなど、いわゆる光老化をジワジワと引き起こす紫外線A波をカットする力の数値、PAは4+(PA++++)。
いずれも最高レベルの防御力!
なのに、肌に刺激を与えやすい紫外線吸収剤を使用せず(ノンケミカル)、
100%ミネラルだけで実現しています。
しかも!紫外線を物理的にブロックする酸化チタンは、
ヒアルロン酸やセラミド、アミノ酸など、美肌成分でコーティングしているので、肌に優しいのはもちろん、肌にもいいのです。
さらに、鉱物油やシリコンも使用していないので、落とす時にはクレンジング不要。
スゴい!!
もはや、スキンケア感覚で使えるほどです!

そんな『ミネラルサンスクリーン』に新成分が加わりました。
それが、PLパウダー。
植物生まれのこのパウダーは、使い心地をよりしっとりさせつつ、光拡散効果で、毛穴や小ジワを目立ちにくくしてくれるそうです。
ほのかにパールっぽいツヤ感も高まったので、美肌に見せる効果もUPしています!

昨年レポートさせていただいた時と同じですが、
私の定番の使い方は、やはりリキッドタイプのファンデの仕上げに
フィニッシングパウダー代わりに使う方法。

そのテクスチャーは、
SPF50とは思えないほど軽くて、ベタつきは一切なくサラサラ。
といっても、カサつくわけではなく、しっかり保湿した後につけると
ほどよくスベスベの気持ちいい肌に仕上がります。
そして、パウダー自体のキメがとても細かいので肌へのツキがいい!
ピタッと定着するせいか、ファンデのもちがよくなって、化粧くずれしにくい気がします。

さらに、そのキメ細かさは化粧直しや重ね塗りにも便利で、ヨレたり厚ぼったくならないから、
ガードを高めたい日中の外出時には、さっと重ね塗りして日焼け止め効果を復活させることができちゃいます。

肝心な仕上がりは、美肌効果バツグン!
淡いベビーピンクのパウダーが、ほんのり肌色をトーンアップしつつ、毛穴もふんわりカバーするので、透明感も格段にアップします。
リニューアルしてから、その効果はますます高まったようで、肌がふわっとキメ細かい印象に見える気がします

最近は、再びナチュラルメイクが流行っているようで、そんなメイクにもこのパウダーは大活躍してくれるはず。
ナチュラルメイクといえども、本当はナチュラルな訳ではなく、
シミやクマなど、肌のアラはコンシーラーできちんとカバーして、その他の大部分の肌はノーファンデ、
と、作りこんでいるのに“素肌風”に見せるのがカギだそうです。
そこで、たっぷり保湿した後、コンシーラーで色ムラを整えたら、ミネラルサンスクリーンを丁寧に塗りこめば、
肌色トーンはほんのり明るく、毛穴レスなスベスベの肌の完成しちゃいます。

もう一つ、最近私がハマッているのが、ボディ用サンスクリーンの代わりにする使い方。
去年は露出する部分の肌に、ただそのまま普通に塗り込んでいたのですが、
発見しちゃったんです!お気に入りの使い方を。

ボディクリームやハンドクリームなどでしっかり保湿した後に、ミネラルサンスクリーンを塗り込むんです。
すると、肌はしっとりしているのに、表面はさらさらすべすべ。
なおかつ、くすみが晴れたように美肌に見えるじゃないですか!!
手のひらやデコルテがキレイに見えるのは、うれしいですよね。

私事なのですが、実はボディ用のサンスクリーンが苦手なんです。
暑い季節にベタつくのはもちろん不快だし、
“ベタつかない”というタイプを使うと、逆にキシキシ粉っぽく感じてしまって、とにかく気持ちが悪い!
一刻も早く落としたい!となってしまうので、つい塗ること自体を止めてしまったりするぐらい。
それが、クリーム+ミネラルサンスクリーンという組み合わせなら、ベタつきも粉っぽさもない、気持ちいいスベスベの肌に仕上がるんです。
この方法、意外とモチもいいので、ぜひお試しくださいね。

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン パフ付 税抜2,267円 お求めはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

コスメカテゴリの人気TOP5

まだデータがありません。