menu
TOP

なんとかしたいニキビ跡に「ビタミンC誘導体」がいいらしい!

もっとも厄介なクレータータイプの凸凹ニキビ跡。普段のスキンケアでは修復することのできないニキビの、凸凹のケアには、肌内部のコラーゲン量へのアプローチが必要です。

なんとかしたいニキビ跡に「ビタミンC誘導体」がいいらしい!_480255675

そこでおすすめなのが、コラーゲンの生成を促す働きをもつ「ビタミンC誘導体」。コラーゲンを増やすことによって、凸凹のニキビ跡を目立たなくさせる効果があると注目を浴びている成分です。今回は、この成分が持つ数々の魅力的な効果について迫ります。

 

優れた美肌効果をもつビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はニキビ跡のケアで着目された成分ですが、実はさまざまな美肌効果をもつ成分でもあります。抗炎症作用や皮脂の分泌抑制などの働きによって、ニキビ跡だけでなく、今発生したばかりのニキビにも効果があります。

また、コラーゲンの生成によって、ぷるんとハリのある肌へと導くため、たるみやシワが気になる方は、エイジングケアに取り入れるのもおすすめです。

<ビタミンC誘導体のはたらき>

  • メラニン色素の生成を抑制
  • 色素沈着の予防
  • シミやそばかすへの美白効果
  • 抗炎症作用
  • 皮脂の分泌を抑制
  • 毛穴のひきしめ
  • コラーゲンの生成の促進

 

ビタミンCとビタミンC 誘導体の違いは?

ビタミンCは美肌効果を持つ成分ですが、安定性に欠けており、酸化されやすいため、効率よく吸収することが難しい成分としても知られています。一方、ビタミンC誘導体は、比較的安定性があるので肌に浸透しやすく、吸収された後、ビタミンCへと変化します。肌に吸収されにくいビタミンCを浸透しやすい形にしたものなのです。

 

ビタミンC誘導体配合コスメは“濃度”で選ぶ

ビタミンC誘導体配合コスメを選ぶときのポイントは濃度です。さまざまなメーカーが販売していますが、なかには1%とかなり濃度が低いものもあり、そうした商品にはあまり効果が期待できないでしょう。濃度が5%以上のものを選ぶことをおすすめします。

注意したいのが価格です。高価なものでも1%のものがありますし、安価でも高濃度のものもあります。高濃度のものでなければ浸透しづらいため、価格に惑わされず濃度で見極めましょう。

また、化粧水より美容液を選ぶ方がよいでしょう。化粧水は肌に浸透する前に蒸発しやすいため、美容液の方がしっかりと肌の奥深くへ成分を届けられます。

 

自宅で凸凹ニキビ跡ケアができる数少ない成分

これまで自宅でのケアが難しいといわれてきた凸凹ニキビ跡のケアに期待が持てるビタミンC誘導体。ニキビやニキビ跡のケアだけでなく、さまざまな美肌効果があるので、美白、エイジングが気になる方にもおすすめです。凸凹ニキビが気になる方は、試す価値のある成分だといえるでしょう。

ビタミンC誘導体は高濃度でリーズナブルが一番!
厚生労働省も認めた希少なトゥヴェール薬用ホワイトニングローションα

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい