menu
TOP

顔だけ発汗?マスクをつけて毛穴ケアをしてみよう

汗腺からの発汗にともない毛穴がゆるむと、毛穴の汚れが取れやすくなります。しかし顔だけ発汗するのは難しいですね。そこで便利なのがマスク。マスクをつけている間は両手があくので、他のこともできたりと一石二鳥! 自宅で手軽にできる、マスクを使った毛穴ケアを始めてみましょう。

顔だけ発汗?マスクをつけて毛穴ケアをしてみよう_461295131

シートマスクで入浴後の保湿効果を高める

シートマスクとは、目と鼻と口の部分を切り取った顔に乗せる薄いシート上のものです。自分で化粧品等をしみ込ませて使う乾燥したタイプのものや、すでに美容成分をしみ込ませているタイプのものなどがあります。

サウナスーツと同じような効果で顔の発汗を促すことができる発汗用のシートマスクもあります。このマスクをつけてお風呂で湯船に浸かりながら半身浴をすれば、体も温まります。

入浴中は温熱効果が高まり、新陳代謝が活発になって古い角質が取れやすくなります。お風呂上がりにシートマスクをすると、入浴後に皮膚から水分が蒸発してしまうのを防げるので、より効率的に保湿することができます。

シートマスクを使う前には、クレンジングや洗顔、化粧水での基本的な肌ケアを済ませておきましょう。使用前に蒸しタオルを顔に乗せたり、スチーマーで顔に蒸気をあてたりして肌を温めると、シートマスクの美容成分が浸透しやすくなります。また、乾燥による毛穴対策には、シートマスクの上からラップをつけるとより効果的です。

美容成分をしっかり毛穴に浸透させるには、小鼻やフェイスラインが浮かないように、ストレッチ素材のフェイスマスクで密着力があるものを選びましょう。

 

天然素材のクレイマスクで毛穴の大掃除

泥や粘度などの天然素材が入ったクレイマスクも毛穴ケアに使えます。クレイには毛穴の汚れや古い角質を吸着して取り除く効果があります。

10分程クレイマスクで顔を覆っていると、気持ちよく発汗してきます。マスクが乾きはじめたら、ぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。毛穴の汚れと古い角質がとれた肌は、化粧水の浸透力がアップするため、乾燥肌を防ぐことができます。

 

マスク使用後はしっかり保湿で毛穴ケア

シートマスクもクレイマスクも、使用時間は10分度を目安にしましょう。パックが乾燥してしまうと、肌の水分が奪われてしまいます。マスク使用後はしっかり化粧水で保水し、仕上げにクリームでふたをしましょう。マスクの力を利用して毛穴ケアをすれば、毛穴トラブルの悩みがなくなる日がくるかもしれません。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい