menu
TOP

自宅で出来る! ピーリングで肌を痛めず毛穴の黒ずみを取る方法

いつもの洗顔だけではなかなか落とせない毛穴の黒ずみ。しっかり取り除くにはピーリングが有効です。肌を痛めずに自宅でできるピーリングの方法をご紹介します。

自宅で出来る! ピーリングで肌を痛めず毛穴の黒ずみを取る方法_484578825

黒ずみの原因となる角栓をとり除くピーリング

ストレスや生活習慣の乱れなどでターンオーバーが乱れると、肌表面の角質がはがれ落ちにくくなります。たまった角質は皮脂と混ざりあって角栓となり、毛穴を塞いでしまいます。この角栓が紫外線を浴びて酸化すると毛穴の黒ずみになります。

ピーリングとは、この、毛穴の黒ずみの原因となる顔の表面に残った古い角質を薬剤でを取り除くケアのことです。

いつもの肌ケアにピーリングを追加することで、角質をやさしく取り除くことができれば、毛穴の黒ずみが少なくなっていきます。また、古い角質がなくなることによって肌に保湿成分が浸透しやすくなり、乾燥によって広がった毛穴が目立たなくなることも期待できそうです。

さらにピーリングには、肌の新陳代謝、真皮のコラーゲン生成を促す効果があるともいわれているので、加齢などによるたるみ・毛穴の開きのケアにもおすすめです。

 

ピーリング剤は肌に優しい成分と形状を選ぼう

ピーリング剤は薬局や化粧品店などで取り扱っているので、自宅でも気軽に使うことが出来ます。グリコール酸、乳酸、AHA(フルーツ酸)などの肌に刺激の少ない成分が入ったタイプがオススメです。特にAHAは、保湿やターンオーバーの促進、抗酸化などが期待できて、古い角質層を溶かし表皮細胞だけを取りのぞく肌に優しい成分です。

ピーリング剤の形状は、石けんやミルク、ジェルタイプなどの洗い流すタイプが肌に優しくて扱いやすいでしょう。ふき取るタイプを使う場合は、力を入れてこすりすぎて皮膚を痛めないように気をつけましょう。

ピーリングで強く肌をこすりすぎると、必要な角質まで取れてしまい、肌を痛める原因になります。角質そのものにはバリアを作って肌を守る重要な役割があります。ピーリングを行うなら月1〜2回程度にし、古い角質のみを除去するように注意しましょう。最後には念入りな保湿もお忘れなく。

毛穴の黒ずみを引き起こす古い角質を取り除くのに効果的なピーリング。やりすぎに注意して正しいケアをすれば、毛穴の黒ずみが目立たない肌を目指せますね。

 
ピーリングにはトゥヴェールのスキンピーリングローション
マイルドタイプと強めタイプの2種類をご用意

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい