menu
TOP

夏の紫外線対策で「光老化」に気をつけて! 40代のUVケアで美エイジング

「日焼けしてもまた元に戻るから大丈夫!」「多少の日焼けくらいは健康的」なんて思っていませんか?そんなあなたは要注意!  確かに夏に焼けた肌の色は元に戻るかもしれません。でも、その日焼けが肌老化を早めているといったらどうでしょう。それでも日焼けを軽く考えますか……?

40代のUVケアは、50代以降の肌コンディションを大きく左右するカギをにぎっています。今回は、40代の肌に必要な夏の対策をご紹介します。

夏の紫外線対策「光老化」に気をつけて!40代のUVケアで美エイジング_100159972

「光老化」の怖さをご存知ですか?

私たちの肌が老ける原因の約80%が紫外線による「光老化」によるものだという事実をご存知でしょうか。私たちが一番気にかけている「加齢」による原因を大きく上回り、肌老化を加速させているのです。つまり紫外線との接触を極力少なくすることができれば、肌の老化を抑えることが可能とも考えられます。

その真偽を探るために、なぜ紫外線を浴びると肌が老化してしまうのか考えます。

 

真皮にダメージを与える紫外線A

紫外線には、A派とB派と呼ばれる二つの波長があります。このうちA派は表皮を通り抜け、真皮にダメージを与えます。真皮では、コラーゲンやエラスチンが網目状に張り、お肌のハリを支えています。長期間にわたりA派にさらされていると、このコラーゲンやエラスチンがしだいに破壊され、たるみやシワにつながります。

新陳代謝が低下してくる40代以降のエイジング世代は、夏の強い紫外線でダメージを受けると肌の自己修復が追いつきません。日常の買い物や洗濯など、ちょっとした日焼けにも注意が必要です。少しくらいなら焼けないから大丈夫と思っているその油断が、5年後、10年後の肌にかかわるのです。

 

UVケアは特に「PA」に注目!

UVケア商品には、「SPF」と「PA」という指数がついています。このうち、A派からお肌を守る目安をあらわすのが、PAの表示。PA+からPA++++まで4段階で評価されており、+が多いほうが、ブロックする力が高くなります。デイリーのUVケア、お出かけ用のUVケア、レジャー用のUVケア、と使い分けて日焼け止めを日常的に使いましょう。

 

浴びた後は、新陳代謝をフォローするケアを

しかし、紫外線ブロックをきっちりしていても、汗をかきやすい夏はどうしても完全にはガードしきれません。浴びてしまった後は、肌の新陳代謝をカバーして、肌の生まれ変わりをサポートしましょう。

注目すべき成分は、ビタミンC、Lシステイン、ビタミンBなど。これらの成分を含んだスキンケアアイテムやサプリメントの活用がおすすめです。体の中と外のダブルケアで、肌のターンオーバーをフォローして、美エイジングをこころがけましょう。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい