menu
TOP

夏の保湿で差がつく!毛穴レス素肌のための保湿ケア

夏は汗のよごれや黒ずみ、たるみなどによって、毛穴が目立つ季節です。こうした悩みには、実は保湿ケアが大切だということはご存知ですか?
肌のべたつきを理由に保湿を怠っている方は要注意!

今すぐ保湿ケアに切り替えましょう。

夏の保湿で毛穴に差がつく!毛穴レス素肌のための保湿ケア_453226503

夏でも乾燥する理由

夏はべたつきやテカりなどが起こりやすいため、肌がうるおっているような気がしますが、実は乾燥しやすい季節です。

夏の肌が乾燥するおもな理由は主に3つ。ひとつは紫外線からのダメージです。紫外線によって肌が傷つくことで細胞内の水分を保つ成分が減少し、肌の水分量が低下します。2つ目は冷房による空気の乾燥です。乾燥した室内に居ることで、肌の水分量は大きく減少するだけでなく、体が冷えることで血行不良を引き起こし、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。3つ目の理由は、汗による刺激です。汗が蒸発する際に、肌のうるおいも同時に奪われてしまいます。また、汗を拭く際にゴシゴシとこすると、摩擦によって角質が傷ついてしまい、乾燥につながります。

 

毛穴に差がつく! 夏の保湿ケア

夏の毛穴トラブルを減らすためには、乾燥を防ぐための保湿ケアが重要です。べたつきを抑えながら、しっかりとうるおいを感じるケアを心がけましょう。

  1. 洗顔料をたっぷりと泡立ててから、泡で肌を包み込むようにして洗います。
  2. やさしく水分を拭き取ったあと、すぐに化粧水をつけます。少量ずつ手に取り、肌になじませながら数回に分けてたっぷりと浸透させます。
  3. 2のあと1〜2分待ち、しっかりと化粧水を浸透させてから乳液をつけます。
  4. 保湿に物足りなさやつっぱり感を感じる場合は、クリームを少量塗ります。使用感の軽いタイプのクリームを選ぶとよいでしょう。ニキビを防ぐためにもTゾーンは避けておきましょう。

 

うるおい肌は毛穴が気にならない

肌が乾燥していると、角質の水分が不足しているため、ゴワゴワと硬く、厚くなってしまいます。そのため、毛穴も細くなってしまい、少量の皮脂でもつまりやすい状態になってしまいます。肌がうるおっていると、乾燥しているときより毛穴自体があまり気になりません。たるんでいた毛穴も、肌が保湿されることによってコラーゲンの生成が促進され、肌に弾力を感じるようになります。

 

夏の乾燥対策と保湿ケアで毛穴レス素肌へ

スキンケアによる保湿に加えて、日常生活のなかでも乾燥対策を心がけることが大切です。汗をかいたらこまめに拭き取って水分の蒸発を防ぎ、紫外線によるダメージは日焼け止めを活用して肌を守りましょう。こうした心がけと毎日の保湿ケアで美肌を目指しましょう。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい