menu
TOP

しみ・そばかすを本気で消すには?!ビタミンC誘導体ケアを徹底リサーチ

年齢とともに増えゆくしみ・そばかすをなんとしてでも消したいという方には、ビタミンC誘導体を使ったスキンケアをご提案します。正直に言いますと、しみ・そばかすは簡単に消えるものではありません。
しかし、「どうせ消えないし……」とあきらめてしまうと、決して消えることはなく、ただ増える一方でしょう。

本気のケアを考える方にだけ、ビタミンC誘導体の魅力をご紹介したいと思います。

しみ・そばかすを本気で消すには_!ビタミンC誘導体ケアを徹底リサーチ_494435831

ビタミンC誘導体でしみの発生予防と還元化

ビタミンCは美白におすすめの成分です。しみやそばかすの色素沈着の原因となるメラニン色素の過剰な生成を抑え、メラニン色素の沈着を還元化する働きをもっています。つまり、しみの発生を予防するだけでなく、表面化する前の潜在じみへもアプローチし、さらに表面化したものまで気にならない状態に導くこともあるのです。

ビタミンCは優秀な成分ですが、最大のデメリットがあります。そのデメリットとは、肌に吸収されにくいところです。肌に浸透させるためには、ビタミンCを浸透しやすいように改良したビタミンC誘導体が必要です。ビタミンCは不安定で酸化されやすいため吸収することが難しいですが、角質層への浸透力を高めたビタミンC誘導体を上手に使うことで、ビタミンCの美白効果を効果を得ることができるでしょう。

 

100倍の浸透力をもつ「APPS」

従来のビタミンC誘導体でも角質層への浸透力は高いのですが、アプレシエと呼ばれるAPPSは脂溶性のメリットも取り入れたことから、水にも油にもなじみがよく、なんと、従来の水溶性ビタミンC誘導体の100倍もの浸透力を持っていると言われています。水溶性ビタミンC誘導体よりも刺激が少ないことも魅力です。

しかも、APPSは美白効果だけでなく、活性酸素の除去やコラーゲンの生成、抗ニキビにも高い効果があることが認められています。ですから、しみ・そばかすのケアを本気で考えるのであれば、水溶性ビタミンC誘導体と比較して低刺激で高い効果をもつAPPSを選ぶことをおすすめします。

 

APPSの取り扱いには要注意!

非常に優れた効果をもつAPPSですが、その取り扱いには注意が必要です。APPSは状態が変化しやすい性質があるため、粉末を水に溶かして2ヵ月も経過すると数十%分解されてしまいます。
そのため、凍結乾燥などの特殊な方法でAPPSの活性を保ったものもあります。また、精密に乳化することで、空気との接触を避けて、APPSの酸化を抑えたクリームもあります。

 

本気のケアには高品質なもので勝負して

しみ・そばかすを消すというのは、決して簡単にできることではありません。本気でケアをするなら、あらゆる角度から徹底的にしみへのアプローチを行うビタミンC誘導体を活用しましょう。なかでも特に効果の高いAPPSがおすすめです。

高品質なアイテムを駆使しながら、良質な睡眠やビタミン類を豊富に含んだ食事を心がけるなど、普段の生活にも気を配ることで、さらなる効果が期待できるでしょう。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい