menu
TOP

スキンケアの落とし穴!毛穴のつまり対策は“さっぱり”より“しっとり”を選ぶべし

毛穴のつまりが目立つと気になりますよね。皮脂の分泌が多い方のなかには、「基礎化粧品はさっぱりタイプしかありえない!」という方も少なくありませんが、本当にそのスキンケアで皮脂は抑えられていますか? 実は、皮脂の多い方にこそ、しっとりタイプの基礎化粧品を使ったスキンケアがおすすめなのです。

今回は、しっとりケアの重要性と快適な保湿についてお伝えします。

スキンケアの落とし穴!毛穴のつまり対策は“さっぱり”より“しっとり”を選ぶべし_493917827

「化粧水のみ」は厳禁!!

さっぱり派の方に多いのが、スキンケアが「化粧水のみ」というケースです。これを実行している方は、直ちに中止してください。化粧水のみのスキンケアは、乾燥を引き起こすうえに皮脂をさらに分泌させてしまいます。

たとえば、水に濡れた新聞紙がいつの間にか、濡れる前よりもカラカラに乾燥していたのを見たことはありませんか?
または、唇の乾燥が気になって舌で舐めた後、舐める前よりも乾燥してしまった経験はありませんか? これは両者とも、水に濡れてしまったことで乾燥が悪化してしまった例です。

このように、水分を付着させると一時的にうるおったような感覚がしますが、表面の水分が蒸発する際にはその水分だけでなく、肌が持っていた水分まで奪っていってしまいます。そしてさらに、肌に残った水分をこれ以上蒸発させないために、毛穴から皮脂を大量に分泌します。

こうして、肌が水分不足で乾燥した状態にも関わらず、皮脂は過剰に分泌されているという厄介な状態になってしまいます。ベタついて仕方ない肌は、このような悪循環からつくられるのです。

 

乾燥とベタつきが生むさらなるトラブル

乾燥と過剰な皮脂分泌が同時に起こっている状態では、さらなるトラブルが発生します。そのトラブルが、毛穴のつまりや黒ずみです。

肌が乾燥していると、角質がはがれやすくなります。この角質が毛穴につまることで、角栓や黒ずみの元になります。また、肌が乾燥していると、毛穴は細く弱くなってしまうため、皮脂や汚れがつまりやすくなってしまいます。そこで皮脂が過剰に分泌されていると、どんどんとつまっていってしまうのです。

化粧水だけのスキンケアは、こうしてさまざまな肌トラブルを生み続けます。保湿ケアを怠っていると、デメリットが増えてしまうのは避けられません。

 

“しっとり”と“ベタつかない”を両立する

しっとりタイプの基礎化粧品を避ける人の多くは、ベタつきなどの感触が気になるようです。そこで覚えておきたいことは、「保湿≠ベタつく」だということです。油分を必要以上に与えるのは正しい保湿ケアとはいえません。水分をしっかりと保持できる肌づくりこそが、理想的な保湿ケアといえるでしょう。極端にいえば、化粧水でたっぷりと水分を与えた後に、油分でしっかりとフタをできればそれでOKなのです。

そのフタとなる油分には、水分保持効果の高いセラミドがおすすめです。
化粧水の後にセラミド配合の美容液を使用して、最後に使用感が軽めの乳液かクリームでフタをすれば、ベタつきを感じない保湿ケアが実現できるでしょう。

 

しっとりケアで毛穴レスへ

毛穴のつまりや皮脂の分泌が気になる方は、しっとりタイプの基礎化粧品で保湿ケアを心がけましょう。ベタつきを敬遠することでさっぱりタイプを選んでいると、気づかないうちに肌が乾燥しているかもしれません。乾燥は皮脂を過剰に分泌させ、さらに毛穴のつまりや黒ずみを引き起こします。

セラミドなど水分保持効果の高い成分が配合された美容液を活用して、ベタつかない保湿ケアを実現しましょう。
しっとりケアを続けることが、毛穴レスにつながるでしょう。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい