menu
TOP

その毛穴ケアは間違っています!ツルツル顔を叶える最終テクニック

気になってしまうポツポツと目立つ顔の毛穴。間違ったケアをしてしまうと、さらに目立ってしまうことに。やってはいけないNGケアをおさらいし、ツルツル顔に近づくためのテクニックを学びましょう。

その毛穴ケアは間違っています!ツルツル顔を叶える最終テクニック_494055027

毛穴がますます目立つNGケア

まずは毛穴をさらに目立たせてしまうケアから。ついついやってしまっていませんか?

 

角栓を爪で押し出す

黒ずみや角栓を爪で押すと、ニュルっと角栓が押し出されて一時的にきれいになったように見えますが、これはNGです。皮膚を傷つけるだけでなく毛穴がさらに大きくなってしまいます。その後皮脂が分泌されると、たっぷりと毛穴に角栓がたまることになり、ますます目立つことに。

毛穴パックを使いすぎるのもNGケアです。むりやり角栓を取ると、皮脂の過剰分泌の原因になります。また、はがすタイミングを間違えると肌を痛めることにも。肌に負担のかかるケアは控えましょう。

 

冷水で洗顔する

冷たい水で顔を洗うと毛穴が引き締まったように感じますが、汚れが落ちきらず皮脂詰まりの原因になります。洗顔はぬるま湯で洗い、しっかりと汚れを落としましょう。

 

顔をゴシゴシ、しっかり洗う

ゴシゴシ、しっかり洗って皮脂を落としすぎるのもNGです。こすりすぎることで肌を痛める原因にもなり、毛穴が広がってしまう可能性があります。また、皮脂の落とし過ぎは皮脂の過剰分泌を招くことになります。

 

たっぷり泡で優しく洗いツルツル顔を目指そう

肌へのダメージを最小限に抑える丁寧な洗顔こそが、毛穴ケアの必須事項です。その手順をご紹介します。

 1. 最初に手をきれいにして軽く顔を洗う

まずは、洗顔前に手を洗ってから顔を予洗いしましょう。汚い手のままだと、手についた細菌をこすりつけてしまい、肌荒れの原因を増やしてしまうことになります。また、乾いたままの顔に洗顔料をつけると、洗浄成分が濃い状態で肌に接触してしまって、肌に負担がかかることがあります。

2. たっぷり泡立てた洗顔料で顔全体を包む

洗顔料を泡立てネットなどできめ細かく泡立て、軽く顔全体に乗せましょう。泡のクッションを動かすようにすれば、肌にダメージを与えません。小鼻やTゾーンなど気になる部分は泡で30秒程パックしてから優しくマッサージするのもおすすめです。

3. しっかりすすぎ、清潔なタオルで顔を押さえる

肌の表面に洗顔料の成分が残らないように、ぬるま湯をパシャパシャとかけるようにして最低20回以上しっかりとすすぎましょう。水分をふき取る時は、ごしごしこすらず清潔なタオルで優しく押さえましょう。

4. 洗顔後は速やかにたっぷり保湿

洗顔した後は肌が乾燥してバリアがない状態です。できるだけ早く化粧水で保湿をしましょう。
ツルツル顔を目指すには、肌に刺激を与えない優しい洗顔と保湿が必須です。毎日ていねいなケアを心がけましょう。

 

参考:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい