menu
TOP

できてからでも間に合う!覚えておきたい顔のシミを消す方法とは?

毎日紫外線に気をつけて日焼け止めをしっかり塗ってお手入れをしていても、ある日突然顔に出てくるシミ。今できるものは5〜20年前に浴びた紫外線の影響によるものといわれています。年齢が上がるにつれてターンオーバーの力が落ちて、わずかな紫外線でもシミとなって残りやすくなってしまいます。今あるシミをこれ以上大きく濃くせず、顔のシミを気にならなくする方法をご紹介します。

できてからでも間に合う!覚えておきたい顔のシミを消す方法とは?_474179395

抗酸化作用がある食べ物を摂り入れる

紫外線などの刺激により、老化の原因となる活性酸素が発生すると、メラノサイトが増え、シミやそばかすができやすくなります。この活性酸素の増加を抑えて除去する力があるのが、抗酸化成分です。食物には抗酸化作用がある栄養素がたくさんあります。

 

シミ、肌あれにアプローチ「ビタミンC、B」

柑橘類に多く含まれるビタミンC、肌荒れやホルモンバランスを整えるビタミンB群は、水溶性抗酸化物質のひとつで、豚肉やレバーなどに多く含まれます。体内に貯めておくことができないので定期的に摂る必要があります。特にビタミンCにはメラニンの沈着を抑えて、シミを薄くするはたらきがあるのです。

 

エイジングケアの「ビタミンE、アスタキサンチン」

若返りのビタミンとして知られるビタミンE、紫外線に強いアスタキサンチンは、細胞を活性酸素から守る脂溶性抗酸化物質のひとつ。主成分が脂である、細胞膜で働く物質です。ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類、アスタキサンチンは、鮭やカニなどに多く含まれます。

 

高い抗酸化パワー「カテキン、大豆イソフラボン」

また、抗菌作用が強いカテキン、加工食品からでも摂りやすい大豆イソフラボンは、水溶性と脂溶性の中間構造をしている抗酸化物質、ポリフェノールのひとつです。カテキンは緑茶、大豆イソフラボンは豆乳などから摂取することができます。

 

ハイドロキノンとトラネキサム酸で美白する

食事に気をつけてターンオーバーを促しながら、シミの元となるメラニンの生成を抑制する美白化粧品を使いましょう。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも言われる成分で、体内で作られる隠れシミに直接アプローチして、肌表面にシミができるのを抑制する力があります。敏感肌の人には赤みが出ることがあるので、濃度に注意して使用しましょう。ハイドロキノンの濃度が5%未満であれば、副作用は起きにくいと言われています。

また、皮膚科などの医療機関から処方されるトラネキサム酸という抗炎症成分には、メラニンを作り出すメラノサイトの活性化をブロックし、色素沈着抑制効果を発揮します。メラニンが大量に作られて細胞に留まってしまった、肝斑というシミの一種にはたらきかけます。

内服タイプのトラネキサム酸は、薬剤師がいる薬局でのみ購入ができます。止血剤としても使われているので、静脈瘤などの病気がある人は使用に注意してください。

食事に気をつけて、美白成分を上手に取り入れてお手入れをすることで、できてしまったシミにアプローチすることが可能です。気長に根気よく、顔のシミを消す方法を続けてシミのない肌を目指しましょう。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい