menu
TOP

毛穴はスキンケアの通知表!毛穴から見直す肌のお手入れ法

毛穴は決して消えるものではありませんが、目立つ人と目立たない人がいるのはなぜでしょうか。それは、これまで行ってきたスキンケアに原因があります。毛穴は過去の肌トラブルや生活習慣が肌に現れる通知表のようなものです。結果に不満があるならば、ケアを見直す必要があるでしょう。

そこで今回は、通知表の結果から見直す肌のお手入れ法をお伝えします。

毛穴はスキンケアの通知表!毛穴から見直す肌のお手入れ法_475480293

つまり・黒ずみは洗顔を見直して

毛穴に角栓がつまったり、黒ずんだりする場合は、洗顔を見直してみましょう。過剰な洗顔で皮脂を取りすぎてしまうと乾燥を引き起こし、油分を補うために多量の皮脂を分泌します。余分な皮脂はつまりの原因になるだけでなく、酸化を起こして黒ずみの発生にもつながります。洗浄力が強すぎる洗顔料は避けて、刺激の低い洗顔料でやさしく丁寧に洗いましょう。

ピーリングやスクラブ洗顔は古くなった角質や角栓の除去に対して即効性がありますが、刺激も強いのが特徴です。どうしても気になる場合に、2週間以上の間隔を開けて使用するようにしましょう。

 

たるみ毛穴にはエイジングケアを

頬やほうれい線によく見られる縦長の毛穴は、老化によるたるみが原因です。加齢によって真皮の弾力が失われることで、毛穴を周辺から支える力が衰えてしまい、涙型に伸びて目立って見えます。

対策としては、エイジングケアが効果的です。ハリのある肌を目指すために、コラーゲンやエラスチンの生成を促進するレチノールやビタミンC誘導体が配合された美容液を取り入れましょう。水分保持力も低下しているため、うるおい成分のヒアルロン酸やセラミド配合の化粧品も効果的です。こうした成分が配合された化粧品を活用して、たっぷりと保湿を行うことが大切です。

 

クレーター毛穴はビタミンCで

過去にできたニキビの跡で、毛穴が凹んだ状態になっています。クレーターはできてしまったら自力で消すのは難しいといわれていますが、肌をふっくらとさせるコラーゲンを生成することで気にならないように導くことは可能です。コラーゲンの生成を促進するビタミンC誘導体が効果的ですが、なかでも浸透力の高いAPPSがおすすめです。

しかし、クレーターはホームケアが難しいため、できるかぎり作らないことが重要です。ニキビそのものを作らないケアを心がけましょう。APPSは抗酸化作用や皮脂の抑制効果があるため、ニキビの予防にも優れています。

 

通知表に結果を反省して美肌を目指そう

つまり・黒ずみ、たるみ、クレーターなどは、毛穴からのこれまでのケアの通知表です。これまでの生活習慣にスキンケアで対応できていないことが原因で、悪い結果が出てしまったことになります。

通知表の結果をふまえて、今後どのように対応するかで、今後の状態と肌の美しさは大きく変わるでしょう。

 

参考:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい